Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

日本インターネット映画大賞募集中

突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/" target=_blank>http://www.movieawards.jp/です。
  • 2007-12-24 09:48
  • 投稿者 : 日本インターネット映画大賞
  • URL
  • 編集

コメント&TBありがとうございます

*sakuraiさん*

>わたしも加瀬クン狙いという、まるで下心見え見えで行った映画でした。
お仲間がいらっしゃったとは!嬉しいです(笑

映画の中で描かれていた彼らのような人達がいたからこその
今なんだなぁと、つながりを考えさせられる作品でした
  • 2007-11-25 23:48
  • 投稿者 : つっぺ
  • URL
  • 編集

TBありがとうございました

迷宮映画館のsakuraiと申します。
TBありがとうございました。
わたしも加瀬クン狙いという、まるで下心見え見えで行った映画でした。
よい時代でしたが、こうやって振り返るものがおおいということは、きっと今に問題があるんでしょうね。そんなもともつらつら考えてしまいました。
  • 2007-11-25 23:08
  • 投稿者 : sakurai
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://hibiyuru.blog10.fc2.com/tb.php/703-10a92e5c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

オリヲン座からの招待状

『オリヲン座からの招待状』を観て来ました。

公式HPはこちら→http://www.orionza-movie.jp/

あらすじ(goo映画より)-----------------------------

町の映画館・オリヲン座は、毎日、たくさんの人で賑わっていた。
経営しているのは映写技師の豊田松蔵と妻・トヨだ。
ある日、一人の青年が映画館にやってきた。映画を観たくて仕方がないが、お金がない。
トヨはその青年を「途中からだから」と言って入れてやった。
上映が終ると、その青年、留吉は松蔵にここで働かせてくれと頼み込む。
留吉は熱心に働き、映写技師となる。
しかし、松蔵が急死してから、映画館は段々寂れるように…。

-------------------------------------------------

以下、感想(ネタバレ少々)。


山場と言う山場、派手さは一切なく、静かに深ーく物語が進んでいくといった感じでした。
画面を見ているだけで、そこにある空気を感じられ
“間”が語るとはこういうことか、と

印象的だったのは、宮沢さん演じるトヨが自転車に乗るシーン

彼女が笑顔で向かってくる、あのシーンだけでもトヨがどういった女性なのかが伝わってきて。
古風でか細くて繊細だけど芯は強く、茶目っ気たっぷりなトヨ。
いつのまにか、留吉視点で愛を持って見ている自分がいました

宮沢さん、年齢相応の美しさが際立っていて、浴衣姿には
女の私でもグっときてしまいましたよ(おっさんか

加瀬さん演じる留吉は序盤、オリヲン座に来たときは17歳という設定!
でも、さわやかにチャリこいでる姿は無理がなくそのくらいの歳に見えるのがスゴイ(笑
真っ直ぐで朴訥な青年、ぴったりハマっていました

宇崎竜童さん、個人的に技師のイメージに合ったかというとそうでは無かった(爆
のですが、彼の演じる松蔵の懐の深さと粋な男臭さが素晴らしかったです

で、最初気づかなかったのですが、祐次の子役が小清水一揮くんに似てるなぁと
思ったら…やっぱりそうで
まさか同時期にこの作品と『三丁目~』、どちらにも出ているとは!
何か狙いでもあったんでしょうか??

祐次と良枝の子供時代の背景、大人になってからも特に詳しくは描かれていないので
その辺りは絡みとしてイマイチな印象でしたが、
最後の留吉の挨拶が素晴らしすぎて、細かいことはまぁいいかと思えてしまいました(笑



えー、結局は加瀬さん見たさで行ったようなものですので(笑
(珍しく前売り券まで買っていた。↑特典のレターセット)
そういった意味ではストーリー等に特別の期待は抱いてなかったのですが
一つの映画館が時代の流れによって廃れていく、その中で
純粋に、一途にその場所を守るために生きている彼らが
お世辞でなくうらやましく思える、素敵な作品でした

時代設定等も含めて『三丁目~』と比較しがちになりそうですが
全く別物として、どちらも楽しめる映画だと思います

そうそう、作中に流されていました『無法松の一生』、
どんな映画なのか観てみたくなりました。
これを知っていたらもっとストーリーを楽しめたんだろうなぁ…
今度レンタルで見つけられたら見てみようと思います

3件のコメント

日本インターネット映画大賞募集中

突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/" target=_blank>http://www.movieawards.jp/です。
  • 2007-12-24 09:48
  • 投稿者 : 日本インターネット映画大賞
  • URL
  • 編集

コメント&TBありがとうございます

*sakuraiさん*

>わたしも加瀬クン狙いという、まるで下心見え見えで行った映画でした。
お仲間がいらっしゃったとは!嬉しいです(笑

映画の中で描かれていた彼らのような人達がいたからこその
今なんだなぁと、つながりを考えさせられる作品でした
  • 2007-11-25 23:48
  • 投稿者 : つっぺ
  • URL
  • 編集

TBありがとうございました

迷宮映画館のsakuraiと申します。
TBありがとうございました。
わたしも加瀬クン狙いという、まるで下心見え見えで行った映画でした。
よい時代でしたが、こうやって振り返るものがおおいということは、きっと今に問題があるんでしょうね。そんなもともつらつら考えてしまいました。
  • 2007-11-25 23:08
  • 投稿者 : sakurai
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://hibiyuru.blog10.fc2.com/tb.php/703-10a92e5c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
<< 07 | 2017/08 | 09 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。