Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://hibiyuru.blog10.fc2.com/tb.php/555-c7feea7d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

それでもボクはやってない

本日から公開した『それでもボクはやってない』を観てきました。

主人公は、最近『硫黄島からの手紙』にも出演されていた加瀬亮さん。

痴漢免罪を題材に扱ったお話でしたが・・・


なんていうか、怖いです
何が怖いって、日本の警察と裁判制度。

主人公は無実の罪で拘留させられてしまうわけですが、
警察での取調べや尋問がヒドすぎる。
裁判にしても、まぁ薄々予想はしていましたが
少しでも自分の側が不利になる証拠は提示しなくていいとか、
決して真実をぶつけあってるわけじゃない、ということにガッカリ

犯人が誰かなんて、物的証拠でもない限りは
やった(もしくはやってない)本人にしか、わからないわけですが、
でも結局は、いかに裁判官の気持ちを持っていくかなんですよね。

映画を見ている側としては、主人公が無罪なのを知っているわけですから、
相手側の検察官の対応に苛立ちもしますし、卑怯臭い!!と憤りも感じました
(実際、観賞中にめちゃめちゃ眉間にシワ寄せていることに気付いた(笑)

けど、事実を何も知らずに傍聴席にいたとしたら・・・
たぶん、自分の感じたことから色々と補完しちゃって、感情的に
有罪か無罪か判断してしまうんだろうなぁ。
→こんなヤツには陪審員なんて絶対無理ですね

あと、主人公の年齢が私達夫婦と同じだったこともあり、
主人公と相方とを重ねて見てしまう自分がいました(爆
映画を見ていれば、十分に主人公の立場で入り込むことができるのですが、
日常で起こりえる!!なると、やっぱり置き換えてしまいましたね


何だか頭がぐちゃぐちゃで、うまくまとまりませんが・・・色々考えさせられる映画でした。
本当にその場で裁判を見ているような緊張感と、
所々息抜き用に笑えるポイントもあるのが良いです。
2時間30分がとても短かったです。
これだけのめりこんで見れた映画は久しぶりな気がします。

気になる方は、ぜひ映画館で観てみてください。
いつのまにか引き込まれてしまうのではないでしょうか

---------

帰りの車内では、
「これから満員電車に乗るときは常にバンザイしてないとだめだね!!」
と笑って話してましたが、強ちやりすぎではないかも?
なんて・・・

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://hibiyuru.blog10.fc2.com/tb.php/555-c7feea7d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
<< 03 | 2017/03 | 04 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。