Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

同じく!

>心の中では全部失敗では終わらないはず、と思っちゃってるけど
わかっちゃいるけど、18番までジラされるとはねぇ(笑)。
そして、せっかくのペニシリンも、夕霧さんを回復させるまでには
至らなかった事を残念に思いつつも、仁先生が言った
「死も救いなのかもしれない」の言葉を聞いた途端、
そうだよな~と納得させられたりして!(笑)
何が起ころうと、このドラマの中で起こる事全て
納得させられてしまうという・・・v-398
  • 2009-11-09 21:33
  • 投稿者 : まこ
  • URL
  • 編集

こんばんは

JIN、第5話も面白かったです
夕霧の最期の「泣くまいぞ」・・・ジーンとくる言葉でした
このドラマはいろんなこと考えさせてくれますね
  • 2009-11-09 21:40
  • 投稿者 : ぱる
  • URL
  • 編集

*まこさん*

> わかっちゃいるけど、18番までジラされるとはねぇ(笑)。
18番目ってのがまた絶妙でしたよね…妙にリアルでi-239
ベタを貫くなら、最後の最後という手もあったのに~(笑

> 「死も救いなのかもしれない」の言葉を聞いた途端、
> そうだよな~と納得させられたりして!(笑)
> 何が起ころうと、このドラマの中で起こる事全て
> 納得させられてしまうという・・・v-398
ホントですよ~!i-278
このドラマを見ていると、大体のことをスルっと受け入れられちゃう気がします(苦笑
それほどキャラの背景や心理描写が
しっかりされているってことなんでしょうね~
夕霧のことは残念ではあったけど、
あの場にいたみんながそれこそ納得のいく最期を看取れたことに
見ている側としても救われましたわ~i-228
  • 2009-11-09 23:26
  • 投稿者 : つっぺ
  • URL
  • 編集

*ぱるさん*

コメントありがとうございます~i-189

> 夕霧の最期の「泣くまいぞ」・・・ジーンとくる言葉でした
> このドラマはいろんなこと考えさせてくれますね
何年も床に臥せって、長く苦しい思いをしてきたというのに
あんなに穏やかな表情で「泣くまいぞ」…
ホント、ジワ~っと染み入ってくる言葉でしたねi-241

次々と起こる出来事に追われながらも
それぞれの思う所もきちんと描いてくれるし、
見ている側に色々と感じさせてくれる良いドラマですよねぇ。
次週はなかなか大きな動きがありそうなので、ますます楽しみです~i-236
  • 2009-11-09 23:57
  • 投稿者 : つっぺ
  • URL
  • 編集

こんばんは!

今回はペニシリンを作るシーンのスピード感と、
夕霧のシーンのゆっくり感のバランスが良かったですね。
悲しい結末になってしまった夕霧。
最期、綺麗な姿で穏やかに逝けたことが、せめてもの救いだったんですね・・i-241
中谷さんの見事な「おさらばえ・・」にも、もらい泣きしちゃいました。
>医学の針を進めようとする中、大きなトラブルが起こりそうで嫌な感じだわ…
本当にいろんな事件が盛りだくさん!という感じですよね~。
医学館&仁が襲われる&佐分利の事件&緒方先生の病気&権力争い、etc・・
一時間に入りきるのかしら?ってくらい。
仁が襲われるシーンは、テレビ雑誌に小さく載ってました。
「本番で、斬る役の人がこけちゃった」という可愛らしいエピソードつきでした(笑)
  • 2009-11-10 22:30
  • 投稿者 : ゆき
  • URL
  • 編集

*ゆきさん*

>中谷さんの見事な「おさらばえ・・」にも、もらい泣きしちゃいました。
夕霧の教えを最後の時まで守って、毅然としようとする野風の
涙をこらえた震える声にはグッときちゃいましたよね…
少しでも良い形で最期を迎えられるように尽力するのも
立派な医者の仕事なんだと、改めて思いましたわ~i-228

>医学館&仁が襲われる&佐分利の事件&緒方先生の病気&権力争い、etc・・
>一時間に入りきるのかしら?ってくらい。
ホント、予告でたっぷりとチラ見せさせられちゃって(苦笑
佐分利の事件は、今までを見る限りシロかクロか予想も付かないし…
仁が襲われるのも、おそらく助かるだろうとはいえヒヤヒヤもんですわ~i-282
医学所や緒方先生の問題は後々まで尾を引きそうですし
先行きが一気に不安になってきちゃいました。。。

>仁が襲われるシーンは、テレビ雑誌に小さく載ってました。
>「本番で、斬る役の人がこけちゃった」という可愛らしいエピソードつきでした(笑)
“こけちゃった”って(爆)和みますね~i-237
いつか『NG大賞』的な番組で見られるんでしょうか(笑
キャストの方々の顔ぶれから、現場は和やかそうな気がしますよねi-278
  • 2009-11-11 22:57
  • 投稿者 : つっぺ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

JIN-仁- 第5話:神に背く薬の誕生

おさらばえ~(ノ_・。)クスン・・・ この時代では治療は無理かと思ったけど、何とかペニシリンの製造方法も思い出し も一度、夕霧姉さんの艶やかな姿が見られるかと思ったのに・・・{/face_naki/} 泣いても一生 笑っても一生 ならば今生 泣くまいぞ だけど、当初の病...

JIN仁5 咲の兄ちゃん風俗に走るのか?

夏彦・七平の「十八番づくし」 わ!しまったぁ! 食事の真っ最中にJIN始まって いきなりの梅毒! 高岡早紀の顔が崩れてるるぅ- って さすがに鼻は崩れてなかったけど 高岡早紀扮する花魁夕霧が 厠で苦しむ描写まで・・・! 食事中だぞ! 勘弁してくれ...

「JIN-仁-」第5話

第五話「神に背く薬の誕生」 

TBS「JIN -仁-」第5話:神に背く薬の誕生

十八番、薬効あり! 今宵は“ペニシリン・プロジェクト”の巻。歴史上、まだこの世に存在しないはずのペニシリンを、仁がつくってしまいます。

「JIN -仁-」第5話 私も医を志す者ですから

泣いてもいっしょ 笑ろうてもいっしょ ならば今生 泣くまいぞ どうぞ覚えておいておくんなんし

JIN-仁- 第5回 感想

『神に背く薬の誕生』

未来の未来と昨日の志田未来(JIN-仁-#5)

『JIN-仁-』野風@中谷美紀の先輩花魁である夕霧@“妹の高岡由美子が離婚でお騒がせ中”高岡早紀の梅毒を治すべく、特効薬・ペニシリンを作ることを決意した南方仁@大沢たかお。青カビ集めに走る橘咲@綾瀬はるか C= C= C= C= \(;・_・)/ 野風に1歩近づいた...

未来の未来と昨日の志田未来(JIN-仁-#5)

『JIN-仁-』野風@中谷美紀の先輩花魁である夕霧@“妹の高岡由美子が離婚でお騒がせ中”高岡早紀の梅毒を治すべく、特効薬・ペニシリンを作ることを決意した南方仁@大沢たかお。青カビ集めに走る橘咲@綾瀬はるか C= C= C= C= \(;・_・)/ 野風に1歩近づいた...

JIN-仁- 第5話

JIN-仁-の第5話を見ました。MISIA/逢いたくていま(CD)咲と共に仁は鈴屋の術後の検診に吉原を訪れていた。そこで、野風に診てもらいたい病人がいると通された部屋で待っていたのは末期の梅毒患者である夕霧だった。「先生、この方は…」「梅毒の患者さんです、末期の」...

「JIN-仁-」第5話

なんと仁先生、ペニシリンを作っちゃった! 歴史の動きを恐れながらも、自分は医療の針を進めるためにこの時代につかわされたとも思う仁。梅毒患者を助けることはできるのか?!

「JIN-仁-」第5話

   第五話野風の先輩に当たる花魁の夕霧を診察することになった仁。夕霧は重度の梅毒に侵され、江戸時代の医術では手の施しようがない状態だった。何とか救ってほしいと野風から懇願された仁だが、特効薬の「ペニシリン」がない今、治すことはできないと告げる。一緒に...

《JIN-仁ー》★05

文久2年(1862年)冬 野風に呼ばれて,姐さんを助けてと見せられたのは、夕霧と言う野風がついていた花魁だった。病名は梅毒。それも末期だった

「JIN-仁-」 第5回

 「死も救いなんですよね・・・」仁 「夕霧さんが、笑って逝けたのはペニシリンのおかげです」咲  病を治すためだけでなく、穏やかな死を迎えるためにも薬は必要なんだよね・・(。pω-。) 夕霧さんは亡くなってしまったけど、未来は確実に変わっている・・・ その...

未来の未来と昨日の志田未来(JIN-仁-#5)

『JIN-仁-』野風@中谷美紀の先輩花魁である夕霧@“妹の高岡由美子が離婚でお騒がせ中”高岡早紀の梅毒を治すべく、特効薬・ペニシリンを作ることを決意した南方仁@大沢たかお。青カビ集めに走る橘咲@綾瀬はるか C= C= C= C= \(;・_・)/ 野風に1歩近づいた...

「Jin-仁-」第5話

病気に苦しむ人々の姿と 自分が知る"未来"の医学。 『神に背く薬の誕生』

JIN - 仁 第5話

JINも第5話。今回は日曜日旅行でしたが、ホテルでしっかり見ましたよ茶店で奉公中の喜市は、今回は出番なしまあ、出番がないということは、変わりなくやってるんでしょう、と良いほうに解釈喜市に関してはコチラ今週は梅毒ですね。強敵です梅毒に効くペニシリンという薬を...

JIN-仁- (中谷美紀さん)

◆野風 役の中谷美紀さん(のつもり) 中谷美紀さんは、TBS系列で毎週日曜よる9時から放送されている日曜劇場『JIN-仁-』に出演しています。 昨日は第5話が放送されました。 ●あらすじと感想

JIN-仁- 第5話 「運命と悲劇の再会」

あらすじ 幕末は、一人の脳外科医に委ねられた…。タイムスリップした脳外科医・仁が動乱の幕末を駆け巡る、超歴史スペクタクル&S...

JIN-仁- 第5回

野風の姐さんにあたる先輩花魁の夕霧は末期の梅毒患者だった。この時代では手の施しよ

JIN-仁 第五話「神に背く薬の誕生」

花魁夕霧を救うため「梅毒」と対決する先生。 彼女を救うその薬は「ペニシリン」 「泣いても一生、笑おうても一生、なれば今生 泣くまい...
トラックバックURL
http://hibiyuru.blog10.fc2.com/tb.php/338-c27b7aee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

JIN-仁- 第5話

野風(中谷美紀)の先輩に当たる花魁(おいらん)の夕霧(高岡早紀)を
診察することになった仁(大沢たかお)。
夕霧は重度の梅毒に侵され、江戸時代の医術では手の施しようがない状態だった。
何とか救ってほしいと野風から懇願された仁だが、
特効薬の「ペニシリン」がない今、治すことはできないと告げる。
一緒にいた洪庵(武田鉄矢)からも何かできることはないかと言われた仁は、
花魁たちに梅毒の検診を申し入れるが、あっさり拒否されてしまう。
仁はどうにかしてペニシリンの製造方法を思い出そうとするが、なかなか思い出せない。
もどかしい日々を過ごしていた仁だが、あることがきっかけで製造方法を思い出す。

(gooテレビ番組より)



咲の“油ふき”から、ペニシリンの製造方法を思い出すことが出来た仁。
元々は未来の書いたレポートがヒントだったんですね~

ペニシリン開発のため、医学所に泊まりこみで作業するからと準備をする仁。
それを静かに見つめる咲…
未来の写真を見てから、ずっと仁に何かを言いたげだったけれど、なかなか言い出せず…
手伝いの申し出をして、懸命に青カビ探しをする咲が健気だ~

医学所にて、色んな物から集めた青カビから薬効成分を取り出すためカビを培養させ、
油を入れて成分を分離させ、それを精製していき…
出来た溶液をそれぞれ一尺ずつに分けて、
夕霧から採取させてもらったブドウ球菌の培地につけて、効果を見ていくのね~

駆け足で見ていったけど、相当な手間がかかってるよなぁ…
そして、三日後に、効果が出ていれば培地につけたペニシリン溶液が
菌に影響を及ぼしているはず、と。

一つ一つフタを開けていくあの緊張感…
(でも、心の中では全部失敗では終わらないはず、と思っちゃってるけど
18番目の検体まできて、ようやく効果が出たものがありましたー

手を取り喜ぶ医学所員たちでしたが、そこに夕霧危篤の知らせが
急ぎで今開発したペニシリン溶液を持って吉原へと走る仁。
男性の着物を借りて、急遽咲もお供することに

点滴、静脈注射での処置を続けていく仁。
ペニシリンは医学所にて作り続けられ昼夜を問わず届けられるも、その効果はマチマチだったみたいで…
それでも夕霧の症状はかなり良くなっているように見えたんですが

やはり末期からの完全回復は難しかったのか…
夕霧の余力を感じ取ったあの部屋の空気がいたたまれなかった…
咲が壁にかかった全盛の頃の夕霧の絵を見て、綺麗にお化粧をしてあげようと言って。
唇に鮮やかな紅をのせた夕霧、床についていようとも美しかったですわ~

「皆様ありがとう…けど、苦しむことにはもう飽きました…」
「もう堪忍しておくれなんし… おさらばえ…」
朝日に照らされ、夕霧の合わせた手がゆっくり力尽きていき…

病気してから、自分の栄華を思い返して、何度悔しいやり切れない思いになったのか…
3年もの間ずっと、苦しみに耐えてきたということが計り知れませんわ。。。

「ありがとうござんした、先生」
頭を深々と下げ、礼を言う野風の涙声がたまりませんでした


死も救いなのかもしれない、と夕日を見ながら話す仁。
夕霧にとってはまさしくそうだったのかもしれないと思いました…

そりゃあ、完治できるにこしたことは無かったけれど、末期の病状から
少しでも昔の姿を取り戻せて、野風も、何より本人も救われたんじゃないかな、と…

仁は咲に未来との写真を見せ、
現代での彼女との出会いが江戸でペニシリンを作るきっかけとなったこと、
夫婦となる予定だったけれど、彼女の病気を救うことが出来なかったことを話して…

けれど、ここに来たのはチャンスなのかもしれないとも言った仁。
医学の針を進めれば、未来の手術も成功するかもしれないと。

黙って聞いていた咲でしたが、なんとなく…これまでの迷いが薄らいだ?
仁の歩んできた道の一部だけでも知ることが出来て、ますます信頼が増したのかな。
そんな風にも見えました

仁と未来の写真はまたも変化して…外で楽しそうに飲んでいる写真になってましたよ~
仁自身、ペニシリン開発が許される行為なのか、もちろん戸惑いはあったようだけれど
未来の書き換えに手ごたえは感じている様子で。。。

西洋医学所では伊東玄朴の失脚?(この辺よくわからなかった…
どうやら先週、佐分利らしき人物が手術していたのは、今回吉原から運ばれた女郎だったのね
その情報を仕入れた伊東派の連中が何やら企んでいるようで。
そもそも佐分利が犯人?なのか何なのかはよくわからないけど、
医学の針を進めようとする中、大きなトラブルが起こりそうで嫌な感じだわ…

洪庵の体調も不安があるみたいだし、仁が襲われてた?シーンも、
目の不自由な女郎と恭太郎の今後も気になりますね~

今回龍馬の出番は少なめだったけど、仁にライバル心を燃やす姿は可愛らしくてでした(笑

6件のコメント

同じく!

>心の中では全部失敗では終わらないはず、と思っちゃってるけど
わかっちゃいるけど、18番までジラされるとはねぇ(笑)。
そして、せっかくのペニシリンも、夕霧さんを回復させるまでには
至らなかった事を残念に思いつつも、仁先生が言った
「死も救いなのかもしれない」の言葉を聞いた途端、
そうだよな~と納得させられたりして!(笑)
何が起ころうと、このドラマの中で起こる事全て
納得させられてしまうという・・・v-398
  • 2009-11-09 21:33
  • 投稿者 : まこ
  • URL
  • 編集

こんばんは

JIN、第5話も面白かったです
夕霧の最期の「泣くまいぞ」・・・ジーンとくる言葉でした
このドラマはいろんなこと考えさせてくれますね
  • 2009-11-09 21:40
  • 投稿者 : ぱる
  • URL
  • 編集

*まこさん*

> わかっちゃいるけど、18番までジラされるとはねぇ(笑)。
18番目ってのがまた絶妙でしたよね…妙にリアルでi-239
ベタを貫くなら、最後の最後という手もあったのに~(笑

> 「死も救いなのかもしれない」の言葉を聞いた途端、
> そうだよな~と納得させられたりして!(笑)
> 何が起ころうと、このドラマの中で起こる事全て
> 納得させられてしまうという・・・v-398
ホントですよ~!i-278
このドラマを見ていると、大体のことをスルっと受け入れられちゃう気がします(苦笑
それほどキャラの背景や心理描写が
しっかりされているってことなんでしょうね~
夕霧のことは残念ではあったけど、
あの場にいたみんながそれこそ納得のいく最期を看取れたことに
見ている側としても救われましたわ~i-228
  • 2009-11-09 23:26
  • 投稿者 : つっぺ
  • URL
  • 編集

*ぱるさん*

コメントありがとうございます~i-189

> 夕霧の最期の「泣くまいぞ」・・・ジーンとくる言葉でした
> このドラマはいろんなこと考えさせてくれますね
何年も床に臥せって、長く苦しい思いをしてきたというのに
あんなに穏やかな表情で「泣くまいぞ」…
ホント、ジワ~っと染み入ってくる言葉でしたねi-241

次々と起こる出来事に追われながらも
それぞれの思う所もきちんと描いてくれるし、
見ている側に色々と感じさせてくれる良いドラマですよねぇ。
次週はなかなか大きな動きがありそうなので、ますます楽しみです~i-236
  • 2009-11-09 23:57
  • 投稿者 : つっぺ
  • URL
  • 編集

こんばんは!

今回はペニシリンを作るシーンのスピード感と、
夕霧のシーンのゆっくり感のバランスが良かったですね。
悲しい結末になってしまった夕霧。
最期、綺麗な姿で穏やかに逝けたことが、せめてもの救いだったんですね・・i-241
中谷さんの見事な「おさらばえ・・」にも、もらい泣きしちゃいました。
>医学の針を進めようとする中、大きなトラブルが起こりそうで嫌な感じだわ…
本当にいろんな事件が盛りだくさん!という感じですよね~。
医学館&仁が襲われる&佐分利の事件&緒方先生の病気&権力争い、etc・・
一時間に入りきるのかしら?ってくらい。
仁が襲われるシーンは、テレビ雑誌に小さく載ってました。
「本番で、斬る役の人がこけちゃった」という可愛らしいエピソードつきでした(笑)
  • 2009-11-10 22:30
  • 投稿者 : ゆき
  • URL
  • 編集

*ゆきさん*

>中谷さんの見事な「おさらばえ・・」にも、もらい泣きしちゃいました。
夕霧の教えを最後の時まで守って、毅然としようとする野風の
涙をこらえた震える声にはグッときちゃいましたよね…
少しでも良い形で最期を迎えられるように尽力するのも
立派な医者の仕事なんだと、改めて思いましたわ~i-228

>医学館&仁が襲われる&佐分利の事件&緒方先生の病気&権力争い、etc・・
>一時間に入りきるのかしら?ってくらい。
ホント、予告でたっぷりとチラ見せさせられちゃって(苦笑
佐分利の事件は、今までを見る限りシロかクロか予想も付かないし…
仁が襲われるのも、おそらく助かるだろうとはいえヒヤヒヤもんですわ~i-282
医学所や緒方先生の問題は後々まで尾を引きそうですし
先行きが一気に不安になってきちゃいました。。。

>仁が襲われるシーンは、テレビ雑誌に小さく載ってました。
>「本番で、斬る役の人がこけちゃった」という可愛らしいエピソードつきでした(笑)
“こけちゃった”って(爆)和みますね~i-237
いつか『NG大賞』的な番組で見られるんでしょうか(笑
キャストの方々の顔ぶれから、現場は和やかそうな気がしますよねi-278
  • 2009-11-11 22:57
  • 投稿者 : つっぺ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

20件のトラックバック

JIN-仁- 第5話:神に背く薬の誕生

おさらばえ~(ノ_・。)クスン・・・ この時代では治療は無理かと思ったけど、何とかペニシリンの製造方法も思い出し も一度、夕霧姉さんの艶やかな姿が見られるかと思ったのに・・・{/face_naki/} 泣いても一生 笑っても一生 ならば今生 泣くまいぞ だけど、当初の病...

JIN仁5 咲の兄ちゃん風俗に走るのか?

夏彦・七平の「十八番づくし」 わ!しまったぁ! 食事の真っ最中にJIN始まって いきなりの梅毒! 高岡早紀の顔が崩れてるるぅ- って さすがに鼻は崩れてなかったけど 高岡早紀扮する花魁夕霧が 厠で苦しむ描写まで・・・! 食事中だぞ! 勘弁してくれ...

「JIN-仁-」第5話

第五話「神に背く薬の誕生」 

TBS「JIN -仁-」第5話:神に背く薬の誕生

十八番、薬効あり! 今宵は“ペニシリン・プロジェクト”の巻。歴史上、まだこの世に存在しないはずのペニシリンを、仁がつくってしまいます。

「JIN -仁-」第5話 私も医を志す者ですから

泣いてもいっしょ 笑ろうてもいっしょ ならば今生 泣くまいぞ どうぞ覚えておいておくんなんし

JIN-仁- 第5回 感想

『神に背く薬の誕生』

未来の未来と昨日の志田未来(JIN-仁-#5)

『JIN-仁-』野風@中谷美紀の先輩花魁である夕霧@“妹の高岡由美子が離婚でお騒がせ中”高岡早紀の梅毒を治すべく、特効薬・ペニシリンを作ることを決意した南方仁@大沢たかお。青カビ集めに走る橘咲@綾瀬はるか C= C= C= C= \(;・_・)/ 野風に1歩近づいた...

未来の未来と昨日の志田未来(JIN-仁-#5)

『JIN-仁-』野風@中谷美紀の先輩花魁である夕霧@“妹の高岡由美子が離婚でお騒がせ中”高岡早紀の梅毒を治すべく、特効薬・ペニシリンを作ることを決意した南方仁@大沢たかお。青カビ集めに走る橘咲@綾瀬はるか C= C= C= C= \(;・_・)/ 野風に1歩近づいた...

JIN-仁- 第5話

JIN-仁-の第5話を見ました。MISIA/逢いたくていま(CD)咲と共に仁は鈴屋の術後の検診に吉原を訪れていた。そこで、野風に診てもらいたい病人がいると通された部屋で待っていたのは末期の梅毒患者である夕霧だった。「先生、この方は…」「梅毒の患者さんです、末期の」...

「JIN-仁-」第5話

なんと仁先生、ペニシリンを作っちゃった! 歴史の動きを恐れながらも、自分は医療の針を進めるためにこの時代につかわされたとも思う仁。梅毒患者を助けることはできるのか?!

「JIN-仁-」第5話

   第五話野風の先輩に当たる花魁の夕霧を診察することになった仁。夕霧は重度の梅毒に侵され、江戸時代の医術では手の施しようがない状態だった。何とか救ってほしいと野風から懇願された仁だが、特効薬の「ペニシリン」がない今、治すことはできないと告げる。一緒に...

《JIN-仁ー》★05

文久2年(1862年)冬 野風に呼ばれて,姐さんを助けてと見せられたのは、夕霧と言う野風がついていた花魁だった。病名は梅毒。それも末期だった

「JIN-仁-」 第5回

 「死も救いなんですよね・・・」仁 「夕霧さんが、笑って逝けたのはペニシリンのおかげです」咲  病を治すためだけでなく、穏やかな死を迎えるためにも薬は必要なんだよね・・(。pω-。) 夕霧さんは亡くなってしまったけど、未来は確実に変わっている・・・ その...

未来の未来と昨日の志田未来(JIN-仁-#5)

『JIN-仁-』野風@中谷美紀の先輩花魁である夕霧@“妹の高岡由美子が離婚でお騒がせ中”高岡早紀の梅毒を治すべく、特効薬・ペニシリンを作ることを決意した南方仁@大沢たかお。青カビ集めに走る橘咲@綾瀬はるか C= C= C= C= \(;・_・)/ 野風に1歩近づいた...

「Jin-仁-」第5話

病気に苦しむ人々の姿と 自分が知る"未来"の医学。 『神に背く薬の誕生』

JIN - 仁 第5話

JINも第5話。今回は日曜日旅行でしたが、ホテルでしっかり見ましたよ茶店で奉公中の喜市は、今回は出番なしまあ、出番がないということは、変わりなくやってるんでしょう、と良いほうに解釈喜市に関してはコチラ今週は梅毒ですね。強敵です梅毒に効くペニシリンという薬を...

JIN-仁- (中谷美紀さん)

◆野風 役の中谷美紀さん(のつもり) 中谷美紀さんは、TBS系列で毎週日曜よる9時から放送されている日曜劇場『JIN-仁-』に出演しています。 昨日は第5話が放送されました。 ●あらすじと感想

JIN-仁- 第5話 「運命と悲劇の再会」

あらすじ 幕末は、一人の脳外科医に委ねられた…。タイムスリップした脳外科医・仁が動乱の幕末を駆け巡る、超歴史スペクタクル&S...

JIN-仁- 第5回

野風の姐さんにあたる先輩花魁の夕霧は末期の梅毒患者だった。この時代では手の施しよ

JIN-仁 第五話「神に背く薬の誕生」

花魁夕霧を救うため「梅毒」と対決する先生。 彼女を救うその薬は「ペニシリン」 「泣いても一生、笑おうても一生、なれば今生 泣くまい...
トラックバックURL
http://hibiyuru.blog10.fc2.com/tb.php/338-c27b7aee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
<< 07 | 2017/08 | 09 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。