Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

いや~とにかく子供たちがさわやかでしたわ~
参太朗は子供達に育てられ成長できたってのが伝わってきました。
それぞれが明るい未来に向かって一歩踏み出してる姿が見られて良かった~
わだっちの髪の毛もきれいに伸びてたし・・・これから青春だぁ・・(笑
小林聡美さんの存在がぴしっとドラマを引き締めてましたよね・・・
私的には、物足りない最終回でしたが神木君のしゅてきな笑顔が見られたからいっか・・・(笑
  • 2009-09-10 16:41
  • 投稿者 : きこり
  • URL
  • 編集

*きこりさん*

本当に、参太朗が回を追うごとに人として成長を見せてましたよね~
絹に認めてもらえるまでになったのも、子供たちのおかげですねぇi-234

> それぞれが明るい未来に向かって一歩踏み出してる姿が見られて良かった~
> わだっちの髪の毛もきれいに伸びてたし・・・これから青春だぁ・・(笑
みんな目がキラッキラしてましたもんね~!
わだっちも順調に良くなってるみたいで本当にホッとしましたi-204
いやー、これから楽しいことがいっぱいあるんだよなぁと
想像するだけでこっちがニヤけてしまいますねぇ(笑

> 小林聡美さんの存在がぴしっとドラマを引き締めてましたよね・・・
> 私的には、物足りない最終回でしたが神木君のしゅてきな笑顔が見られたからいっか・・・(笑
小林さん無しには成り立たなかったですよね…
絹がいたからこそ、参太朗が参太朗でいることが許されたというか(爆
確かに、疑問が残る点もいくつかあったりしたのが惜しかったけど
キャストのみなさんが最後まで引っ張ってくれましたわ~i-228
神木君、本当にステキでしたね~
須賀君ともども、ますます今後の活躍が楽しみですi-189
  • 2009-09-12 20:00
  • 投稿者 : つっぺ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

赤鼻のセンセイ 第10話(最終回)卒業式

『生と死と愛の卒業式!』内容和田(須賀健太)の容体が急変し意識混濁状態に。動揺する参太朗(大泉洋)であったが、“約束”だからと、絹(小林聡美)七瀬(香椎由宇)八重樫(神木隆之介)田中(高良光莉)が、見守る中、必死に病室の前で授業を開始する参太朗絹『石原...

「赤鼻のセンセイ」最終回 ☆☆☆

和田っち死ななくて良かったー(><)「人は、笑うために生きている」そんな参太の信条が生徒達にも伝わって、卒業式でもその言葉を贈ってやれて、いい最終回でした!もちろん、最後まで親の存在が薄すぎるとか(卒業式でおめかし。その服だって親が用意したはずなのにー...

赤鼻のセンセイ 第10話

クリーンルームで意識の回復しない和田(須賀健太)に、必死で授業を続ける石原参太朗(大泉洋)。 一方、八重樫(神木隆之介)は退院が決まった。 太川絹(小林聡美)によれば、退院する生徒には、いつも院内学級の卒業証書をおくっているのだという。教師達が、八重樫...

「赤鼻のセンセイ」 最終回

 わだっち(須賀健太)の意識混濁状態の中で行われた参太朗の授業・・ 「俺、ちゃんと授業やれたよな?」 「やってた・・」やえっち(神木隆之介) 「いつもよりつまんなかったけど・・」たなっち(高良光莉) 「でも、石原先生にしかできない授業でした」絹(小林聡...

赤鼻のセンセイ

「赤鼻のセンセイ」が終わりましたね。このドラマは放送開始前はタイトルを観てホスピ

赤鼻のセンセイ 最終話

赤鼻のセンセイ、みました。 このドラマも、ネットをお休みしている間にも視聴を続け、 途中で脱落せず完走となりました。 最終回をすごくかいつまむと、 院内学級閉鎖にともない、参太朗@大泉洋はみんなの卒業式を計画。 一応の危険を脱したとはいえ まだクリーンル...

赤鼻のセンセイ 最終回(第10話)

赤鼻のセンセイ 最終回(第10話) 「生と死と愛の卒業式!」 2009年9月9日(水) 22:00~ 日本テレビ 日本テレビドラマ記事閲覧カウンター 「...

「赤鼻のセンセイ」生きるための卒業式生きるための事を学んで院内学級を卒業していった

9日ドラマ「赤鼻のセンセイ」最終話は院内学級が廃止される事を受けて院内学級で勉強した生徒たちの卒業式を行う事にした。その中和田の症状は悪化の一途をたどっていたが、その中でも卒業式をする事で和田に勇気を与えようと和田もクリーンルームで卒業式に参加した。そ...

赤鼻のセンセイ 最終回 (大泉洋さん)

◆大泉洋さん(のつもり) 大泉洋さんは、日本テレビ系列で毎週水曜よる10時から放送されていた連続ドラマ『赤鼻のセンセイ』に石原参太朗 役で出演しました。 今週は第10話(最終回)が放送されました。 ●あらすじと感想

赤鼻のセンセイ

赤鼻のセンセイ DVD-BOX  なんとなーく見てしまったドラマ。  ひょんなことから突然病院の院内学級の教師となった石原(大泉洋)は、院内学級のなんたるかも知らずに空回りばかり。赤い鼻をつけて授業をし、子供たちの笑いを取ろうとするが、子供たちには全く
トラックバックURL
http://hibiyuru.blog10.fc2.com/tb.php/315-27c39d3d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

赤鼻のセンセイ 最終話

危篤状態になって七瀬(香椎由宇)の付きっきりの治療を受けた和田(須賀健太)は、
石原(大泉洋)や太川(小林聡美)の祈りが通じたのか病状が持ち直す。
やがて退院が決まった八重樫(神木隆之介)は、
閉鎖を控えた院内学級に最後まで皆と一緒にいたいと太川に頼む。
だが太川は許さず、皆の目標になるためにも胸を張って退院するよう言い聞かせる。
そんな中、石原の提案で院内学級の卒業式が行われることになる。
しかし皆はクリーンルームから出られない和田が出席できるかどうかが気掛かり。
七瀬から和田の出席は無理だと告げられた石原は、何とかして和田も
参加できる方法はないかと悩む。

(gooテレビ番組より)



はぁ~
序盤早々にも、わだっちが峠を越え、容態が持ち直してホッと一息。。。
そして、もうひとつの良い知らせがやえっちの退院

石原が言いだしっぺの院内学級卒業式も良かったわ~
みんなきちんと正装して、胸にお花を付けて。
こじんまりとしてるけど温かみのある教室の飾りつけや、一人ひとりへの手作り卒業証書、
何よりわだっちが音声で参加できたことが本当にステキでした~
石原が集めに集めたコードが廊下を繋がって繋がって、
クリーンルームへと届いてるのにはジーンときましたね

「人は笑うために生きてる」
しみじみいい言葉だなぁと思いました。
最初の頃、石原がやたらに笑わせることだけにこだわりすぎていたのには
ちょっとどうなの?と思うこともあったけど(たぶんキャラのせいと思われ…
この思いが軸としてあったからこそ、助けられた子供たちがいっぱいいたんだなぁと。

そして、やえっちの退院の日に嬉しいプレゼントと言って石原がハグ?
七瀬先生の様子でピンと来たけど、わだっちの骨髄移植ドナーが見つかったという知らせでした

七瀬先生とわだっちも、以前はぶつかっていたこともあったけど
今では主治医と患者としての固い絆が出来上がって…
なんかこの二人のシーンが今回一番キタかも~

わだっちのドナーが見つかったと聞いて、嬉しさのあまりベッドに倒れこんだやえっち。
屋上で叫ぶ姿は青春でしたわ~(笑
ほとんどいつもクールなやえっちの、抑えきれない嬉しさがすごく伝わってきて
石原と絹にしっかりとお礼を言う姿にはまたも感心しちゃいましたし。
入院生活で失ったこともあるだろうけど、吸収したこともそれ以上にいっぱいあると
やえっちが体現してくれてるようでした

片付けられた院内学級の教室にて、石原が佇んでいるところに絹が来て。
最後だから言いたいことを言っておく。
「教師としては3流、笑いのセンスは超3流、でも人間としては良くできてる」
「あなた、まぎれもなく立派な教師でした」

石原の分の卒業証書を手渡す絹。
お互いありがとうございました、とお礼を言って…
と、入ってきた院長が証書を持って逃げた(笑

院長室に追って行ってみると、そこには教室が作られていましたよ~
院内学級の卒業式の様子を見て、何か決心したような顔してたけど
院長もやっと父&兄に物申すことが出来たのね~
思わず抱きしめあう石原と絹には笑ってしまったわ~
二人ともすんごいイイ顔なんですもん(笑

エンドロールに載せて、みんなのこれからがちゃんと描かれていて満足
無事高校入学したやえっち、受験を決めたたなっち、
わだっちは快方へ向かってるようで、理沙ちゃんとも良い感じ
遠野と琴美も良い雰囲気になってたしね(笑

院内学級は新しい生徒を迎えておりました。
無茶で掟やぶりでアツい石原と、淡々とペースを保って縁の下で支える絹のコンビは
これからも健在のようで

一時は悲しい結末も過ぎったけれど、最後はハッピーエンドで本当に良かったです。
上手く行きすぎな感も否めないとはいえ、これまでの回で充分に
子供たちの闘病の過酷な現実も見えていたし、
なによりもう一度わだっちの元気な顔が見れて満足ですわー
後日談的なお話もいつか見られるといいなぁ…期待したいですね

2件のコメント

いや~とにかく子供たちがさわやかでしたわ~
参太朗は子供達に育てられ成長できたってのが伝わってきました。
それぞれが明るい未来に向かって一歩踏み出してる姿が見られて良かった~
わだっちの髪の毛もきれいに伸びてたし・・・これから青春だぁ・・(笑
小林聡美さんの存在がぴしっとドラマを引き締めてましたよね・・・
私的には、物足りない最終回でしたが神木君のしゅてきな笑顔が見られたからいっか・・・(笑
  • 2009-09-10 16:41
  • 投稿者 : きこり
  • URL
  • 編集

*きこりさん*

本当に、参太朗が回を追うごとに人として成長を見せてましたよね~
絹に認めてもらえるまでになったのも、子供たちのおかげですねぇi-234

> それぞれが明るい未来に向かって一歩踏み出してる姿が見られて良かった~
> わだっちの髪の毛もきれいに伸びてたし・・・これから青春だぁ・・(笑
みんな目がキラッキラしてましたもんね~!
わだっちも順調に良くなってるみたいで本当にホッとしましたi-204
いやー、これから楽しいことがいっぱいあるんだよなぁと
想像するだけでこっちがニヤけてしまいますねぇ(笑

> 小林聡美さんの存在がぴしっとドラマを引き締めてましたよね・・・
> 私的には、物足りない最終回でしたが神木君のしゅてきな笑顔が見られたからいっか・・・(笑
小林さん無しには成り立たなかったですよね…
絹がいたからこそ、参太朗が参太朗でいることが許されたというか(爆
確かに、疑問が残る点もいくつかあったりしたのが惜しかったけど
キャストのみなさんが最後まで引っ張ってくれましたわ~i-228
神木君、本当にステキでしたね~
須賀君ともども、ますます今後の活躍が楽しみですi-189
  • 2009-09-12 20:00
  • 投稿者 : つっぺ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

10件のトラックバック

赤鼻のセンセイ 第10話(最終回)卒業式

『生と死と愛の卒業式!』内容和田(須賀健太)の容体が急変し意識混濁状態に。動揺する参太朗(大泉洋)であったが、“約束”だからと、絹(小林聡美)七瀬(香椎由宇)八重樫(神木隆之介)田中(高良光莉)が、見守る中、必死に病室の前で授業を開始する参太朗絹『石原...

「赤鼻のセンセイ」最終回 ☆☆☆

和田っち死ななくて良かったー(><)「人は、笑うために生きている」そんな参太の信条が生徒達にも伝わって、卒業式でもその言葉を贈ってやれて、いい最終回でした!もちろん、最後まで親の存在が薄すぎるとか(卒業式でおめかし。その服だって親が用意したはずなのにー...

赤鼻のセンセイ 第10話

クリーンルームで意識の回復しない和田(須賀健太)に、必死で授業を続ける石原参太朗(大泉洋)。 一方、八重樫(神木隆之介)は退院が決まった。 太川絹(小林聡美)によれば、退院する生徒には、いつも院内学級の卒業証書をおくっているのだという。教師達が、八重樫...

「赤鼻のセンセイ」 最終回

 わだっち(須賀健太)の意識混濁状態の中で行われた参太朗の授業・・ 「俺、ちゃんと授業やれたよな?」 「やってた・・」やえっち(神木隆之介) 「いつもよりつまんなかったけど・・」たなっち(高良光莉) 「でも、石原先生にしかできない授業でした」絹(小林聡...

赤鼻のセンセイ

「赤鼻のセンセイ」が終わりましたね。このドラマは放送開始前はタイトルを観てホスピ

赤鼻のセンセイ 最終話

赤鼻のセンセイ、みました。 このドラマも、ネットをお休みしている間にも視聴を続け、 途中で脱落せず完走となりました。 最終回をすごくかいつまむと、 院内学級閉鎖にともない、参太朗@大泉洋はみんなの卒業式を計画。 一応の危険を脱したとはいえ まだクリーンル...

赤鼻のセンセイ 最終回(第10話)

赤鼻のセンセイ 最終回(第10話) 「生と死と愛の卒業式!」 2009年9月9日(水) 22:00~ 日本テレビ 日本テレビドラマ記事閲覧カウンター 「...

「赤鼻のセンセイ」生きるための卒業式生きるための事を学んで院内学級を卒業していった

9日ドラマ「赤鼻のセンセイ」最終話は院内学級が廃止される事を受けて院内学級で勉強した生徒たちの卒業式を行う事にした。その中和田の症状は悪化の一途をたどっていたが、その中でも卒業式をする事で和田に勇気を与えようと和田もクリーンルームで卒業式に参加した。そ...

赤鼻のセンセイ 最終回 (大泉洋さん)

◆大泉洋さん(のつもり) 大泉洋さんは、日本テレビ系列で毎週水曜よる10時から放送されていた連続ドラマ『赤鼻のセンセイ』に石原参太朗 役で出演しました。 今週は第10話(最終回)が放送されました。 ●あらすじと感想

赤鼻のセンセイ

赤鼻のセンセイ DVD-BOX  なんとなーく見てしまったドラマ。  ひょんなことから突然病院の院内学級の教師となった石原(大泉洋)は、院内学級のなんたるかも知らずに空回りばかり。赤い鼻をつけて授業をし、子供たちの笑いを取ろうとするが、子供たちには全く
トラックバックURL
http://hibiyuru.blog10.fc2.com/tb.php/315-27c39d3d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
<< 05 | 2017/06 | 07 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。