Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨場(シーズン2) 第6話

人事異動で留美(松下由樹)が検視官心得に昇格し、検視補助官として新たに
永嶋(平山浩行)が赴任してきた。そんな中、暴力団構成員が何者かに鈍器で殴られ殺害される。
遺体には後頭部だけでなく背中にも殴られたあとがあり、めった打ちにされたらしい。
組織犯罪対策4課の管理官、城野(北見敏之)は対立組織の仕業と決め付けるが、
倉石(内野聖陽)は異論を唱える。城野らは構成員と離婚したがっていた妻の明恵(冨樫真)に疑惑を抱く。
明恵は4年前に娘を連れて構成員と再婚したが、最近では夫から風俗で働くよう強要されていたという。
明恵は夫のもとを逃げ出し、兄の塩見(菊池均也)の近くで娘と暮らしていた。
明恵は離婚を考えていたことは認めたものの、犯行は否認する。
一方、殺人罪で服役していた明恵の前夫、木崎(甲本雅裕)が出所していたことが分かる。

(gooテレビ番組より)



序盤、木崎に忠告に来ていた人(最初は保護観察官?ていうの?かと思った)、
その様子からは只者ではないだろうなぁ~と思っていたけど…
彼が明恵の兄で、山辺を殺した犯人だったとはね~

木崎がやったように見せかけるため、木崎の仕事現場の鉄パイプを使っての犯行。
まぁ、凶器の放置の仕方も雑すぎて、逆に不自然だったのもあるけど
壁の傷の高さや飛沫血痕で犯人の身長が見えてきたのは興味深かったな~

初心者の永嶋への説明もかねての検視だったのもあって
色々な手法をいつもよりじっくり見せてもらえた感じで面白かったです

身長の件や、木崎との接触によって、完全に彼をホシから外した倉石。
木崎が工事現場で働いていることを知る者が、真犯人?
もう、ここの時点で大方兄の仕業と絞れていたんでしょうね。

そして、妻と兄の経営するカフェにて、おもむろに写真立てに飾られた家族写真を見て
ハッとする倉石…

メガネはそういう意味だったのか~!
てっきり兄が事件以降、メガネ無しでいるとかかなーと思ったら、
メガネを新調していたことがポイントだったんですね~ なるほど。

妹と姪っ子を思っての犯行…気持ちはわからなくもないけれど、
警察での兄の話ぶりが狂気じみていて恐かったぞ…

仕事もクビになった上、兄の犯行だったことを知り、自殺のためか屋上に佇んでいた木崎でしたが…
「精一杯生きろ!償いはそこから始まるんじゃないのか」
他人がどう見るかは関係ない、自分がどう生きるか、という倉石の言葉には
こっちも励まされましたわ~

これって同じように、改心組?と呼ばれ、昔グレていたという永嶋へのメッセージにも
なってるんだろなぁ~と。
二人ともを根こそぎ拾い、すくいあげた倉石。さすがでした~

明恵と娘はお父さんに宛てた手紙を書いておりましたね。
木崎の歩みも力強かったし、きっとこれからまた家族に戻れるのかな


次週、留美の見立て!どうなるのかな~
倉石のとはやっぱ違うのかな…
今回はお休みだったイチや立原も出てくるのかしら。楽しみです。

スポンサーサイト
<< 04 | 2010/05 | 06 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。