Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIN-仁- 第6話

仁(大沢たかお)の神懸かり的な医術は江戸の町で大評判となる。
仁はうわさを耳にした医学館の奥医師、多紀(相島一之)から対面を申し込まれる。
多紀と対面した仁は、素性について問いただされる。
護衛についてきた龍馬(内野聖陽)や恭太郎(小出恵介)も、一緒になって仁の素性を
はぐらかそうとするが、医学館の仁への不信感はますます強くなっていく。
そんな中、同席していた医学館の玄孝(佐藤二朗)が突然、腹痛を訴える。
玄孝を診察した仁は胃潰瘍(かいよう)の可能性が強いと判断し、急きょ医学館で手術を行う。
しかし手術後、佐分利(桐谷健太)が西洋医学所を揺るがす事件を起こしていたことが発覚する。
一方、吉原では、仁についての信じられないうわさが野風(中谷美紀)の耳に入ってくる。

(gooテレビ番組より)



佐分利は無実だったのね~!
もしかして、もしかすると…なんて、少し疑ってた部分もあったので
解剖を黙って行ったことは違反行為ではあるけれども
医療の技術を学ぼうとするアツい思いと向上心はすごく伝わってきましたわ

とはいえ、佐分利のやったことは無には出来ず、その責任を取ろうとする洪庵…
「道を拓くということは、自分だけの逃げ道を作ることではない」
これまで自らも医学に人生を投じてきたからこそ、口に出来る言葉には
とてつもない重みを感じましたよ…

佐分利がしてしまったことも、洪庵が退くことになったのも
自分の言動が招いた歴史の混乱だと考えた仁は、
翌日、西洋医学所にて、伊東に自らが元凶であると掛け合うのでした。

結果、なんとか仁が辞めることで場が収まり、落ち着いたと思ったら…
仁を付け狙っていた刺客が本格的に動き始めてましたよ~

女郎から仁の危機の噂を聞いた野風が、咲へその知らせの手紙を送り…
吉原から一歩も出られない、好きな人の元へ駆け寄っていくことも出来ないのだと
切々と書かれた文面には涙してしまいましたわ…

お互いがお互いの持っていない部分をうらやむ姿は切なかったけど、
でも、そうやって素直な気持ちを伝え合える二人はすごく素敵に思えました

で、野風の手紙を読んだ咲、慌てて仁を追っていき…

仁は仁で呑気に、人目につかない竹藪?の中を歩いていると
そこに待ち伏せたかのように刺客の姿が

あっという間に距離を詰められ、振りかざされる刀!
目線ドンピシャだったので、テレビ画面越しでもギャーってなりましたよ(苦笑

間一髪で間に合った咲が仁の足を引っ張り転ばせて、なんとか走り逃げて…
繁みに身を隠しているときはドキドキもんでしたが、
他にもそんなカップルが何組かいたのには笑ったわ(爆

どうにか逃げ切った仁と咲でしたが、仁は手の震えが止まらず…
江戸にいることを、いつしか夢の中にでもいるかのように捉えてしまっていた。
死ぬことも平気なんじゃないかと思っていた、と仁。
命の危険に遭遇して、ようやく生きていることをリアルに感じられたんですね。

そんな仁に喝を入れるかのような咲でしたが、
咲自身の手も震えていて…
その手を握り返し、お礼を言う仁。
「私はここで生きているんですよね。ありがとう。」

その後、咲は吹っ切れた笑顔でしたね~
玄孝の術後など一時、深い所まで潜ってしまったように思えて心配だったけど
野風にお礼を、と言えるほどですから、
思いの落とし所が決まったという感じなんでしょうか。

野風はというと、仁からのお礼の手紙を胸に抱いておりました。。。
その仕草だけで充分気持ちが伝わってきましたよ~

そして龍馬は…医学館へと乗り込み、刺客の件は多紀の仕業だろうと問いただすのですが…
多紀は仁を脅威に思う気持ちは認めたものの、そんな卑怯なマネはしないと断言。

仁のことをものっそ狂気的な視線で見ていたから、
この人がやったのかとばかり思っちゃってましたが(爆
どうやらこれは、医学所内の輩の企みに間違いさなそうということで…
ってことはやっぱり、あの首にアザのある人?

同じ頃、ペニシリン精製場が何者かに荒らされておりました。
洪庵は自分がこの件をどうにかすると言ってその場を去ったけど、
とうとう吐血してしまいましたよ~

仁が見ていた写真はというと、一歩後退=前の写真に戻っていました。
えー。そういうこともあるのね
仁が医学所にて身を引いた結果がこうも顕著に表れるとは。
そして、おもむろに出てきた平成22年の十円玉は一体何を意味するんでしょう…


次週、医学所が火事!?
洪庵が仁のことを未来から来た人、と見抜いていたのも気になりますわ~

***

そういえば!
本日は龍馬の命日なんですねぇ。
そして、『北海道坂本龍馬記念館』もオープンしたそうで。
お昼のニュースでやってたのを見て知りました
直筆書簡や使用していた湯のみなどの展示物、見てみたいわ~
もし見に行ったら内野龍馬イメージでの閲覧になりそうだけど(爆

スポンサーサイト
<< 10 | 2009/11 | 12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。