fc2ブログ

Entries

白い春 第2話

警察へと連行された春男でしたが、黙秘を続けていたら解放されて…?
即刻パン屋さんに舞い戻ってましたよ~
入り口ドアのガラス部分にぶちあたり、ニヤリ… こわー!!

その後の嫌がらせには爆笑しちゃいましたわ…
朝もやの中、何を運んでいるのかと思ったら、バス停のポール(っていうの?)をゴリゴリと…
そしてお次はお地蔵さんて!バチあたりな

それを受けて立ち、自力で元の場所に戻す康史にも笑ってしまいました。
クルクル回しながら運ぶのにはなるほどなぁと(爆

電話で脅迫まがいに連絡する春男でしたが、偶然公園でさちと出会います。
春男はうざったそうに歩いていくも、さちは興味津々でついていくのでした
いつのまにか辿り着いた小高い丘の芝生の上は、
昔、春男と真理子が訪れていた思い出の場所だったんですね。

食べそびれたパンを春男にあげるさち。
またパンを持ってくる約束に、指切りをした二人
さちの小さい小指と春男のでっかい小指の対比がなんだか癒されましたわ~

始めたビジネスがうまくいっていないらしい栞と勇樹は
商品の仕入れにかかった元手30万を全く稼げずピンチ…
使える男が欲しい→同じ匂いを感じた春男を探し始める栞。

以前春男に頼まれて調べた安岡の店に行き、情報ゲット~
ネットで春男の名で検索し、これまでの事情を知った上で、更に気に入った様子…

学校の絵の授業で、春男の絵を描くさち。
パンを持っていく約束を思い出し、自分の店からこっそりもらおうとして、失敗。。。
康史と佳奈子に問い詰められるも、頑なに口を閉ざしていましたね

康史は頑張っている父の姿を見せられることを良かれと思ってやってきた。
佳奈子もそれを認めていましたね。
でも…佳奈子はさちが康史と真理子の子だと思ってるのね??
んー、彼女がどこまで知っているのか、まだわかりませぬ…

電話でしつこく連絡してくる春男に、康史が思い立って何やら探したものは
パン屋を開業したときの寄せ書きでした。
そこには真理子の文字で、
“コツコツ貯めたお金で…尊敬します”
といった内容が。

真理子の文字だと認識し、いよいよ認めざるを得なくなった春男でしたが、
同時に湧き上がる800万円への疑惑…
組が払ってないのでは?!という康史の言葉を信じられない春男。
彼からの厚意のお金も受け取らず、去っていってしまいました…

夜の小高い丘に一人ぼっちで座り込む春男。
「真理子、すまない…」

そこにふと現われたのはさち。
「ごめん、待った?」
約束していたパンを差し出し、戻らなきゃ、と早々に帰っていくさち。

手にしたパンを見つめ、おもむろに袋から取り出し、ほおばる春男の目には涙が…
いやぁ~。もらい泣きしそうになりました
阿部さんの表情が、ほんとに素晴らしくて…
夜桜がバックで幻想的で、ちょっと寂しい感じがまた涙を誘いましたわ。。。
すごく良いシーンでした

次週、春男は仕事を始めるようですね。
栞と再会したり、それぞれが色々関わりあってくるみたいで。
さちが持っていた真理子の写真で、春男もパン屋内の事情を知るようですが…

今のところ、笑いあり涙ありで良い感じ
来週も楽しみです。

スポンサーサイト



<< 03 | 2009/04 | 05 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索