fc2ブログ

Entries

魔王 第10話

葛西と麻里の不倫を知り、頭を悩ませる芹沢…
葛西の無実を晴らすために麻里に証言するよう頼むも、麻里は拒否
しかし、ガラス越しに葛西が自分への想いを必死に語る姿を見て
心を打たれた麻里は、アリバイを証言してくれました~!!

全て知っているくせに、麻里の発言にショックを受ける素振りの典良
絶対に別れない、と執着を露にする姿は恐かったなぁ…

自己保身のためにも離婚はするなと言う栄作に対して、典良が初めて?父に物申す…
母の献身にも関わらず、栄作が見殺しにしたと怒りをぶつけました。
芹沢に対し、自然に自分のアリバイを刷り込もうとする典良。
宗田のことについて聞かれると声を荒げて…わかりやすすぎるでしょう(爆

葛西に麻里の想いを受け取るよう促す成瀬。
言葉にしながら、自分としおりのことを重ねて複雑な表情に…

署内ですれ違う成瀬と芹沢。
「これで満足ですか?」
罵倒でもするのかと思ったら、次に出てきた芹沢からの台詞は成瀬の想像を超えていたんですね。

「あなたを通して俺を見ているようで…あなたは俺と同じ顔をしている」
後悔と苦しみ、やりきれなさを抱いているからと…

そして、素直に頭を下げる芹沢。
本当は11年前からずっと、謝りたかった。
死のうとも考えたけど、ここまで生きてきてしまった、という言葉は悲しすぎました

復讐相手にこんな風に謝られるなんて、成瀬にしたら一番調子が狂うでしょうね~
まぁ、観てる方としてはようやっと謝った!という見方でもありますが(苦笑

そんな所にタイミング良く赤い封筒が届き、中身を見ると、そこには
典良が宗田の殺害現場から出てくるところを撮った写真
同じものが届き、慌て震える典良。。。

しおりにサイコメトリーを頼む芹沢は、どんな映像を見ても自分に伝えてほしいと覚悟。
しおりが見た映像の中の男は、まぎれもなく典良だったのでした…
事実を知り、衝撃を受け止めきれない芹沢は、雨の中くずれ落ちる…

栄作は遺言状を託すために、成瀬を呼び出していました。
息子達が心配だから、と言う栄作に対し、なんと堂々とカミングアウトした成瀬!

11年前の少年だと気付いた栄作は、驚きながらも冷静に返します。
「11年前の私には正しい選択に思えた…」

母親を踏みにじったことで怒りをぶつける成瀬に対して
実は不慮の事故だった、と言う栄作…
事故では通らないから正当防衛にした、それは親としてできることだったから、と。

そうか、成瀬にはこの事実は見えていなかったんだもんなぁ…
芹沢サイドでは回想でも確認されていたから、一瞬ごっちゃになりました

正当防衛か事故かが問題じゃない、英雄が事実死んだことを
涙を溜めて訴える成瀬に、栄作は
「すまなかった」
と一言…

所在無くなって部屋を出て行く成瀬。
復讐相手の人間味が急に見えてきたことに対するとまどいと動揺。
芹沢たちの気持ちが届いてくるのを認めたくないんでしょうね…
ここまで来たら逐行しないわけには行かないんですね

高飛びしようとする典良の元に来たのは芹沢。
実の兄を署に連行…
「人が過去を忘れても、過去は決して人を忘れない」
典良以上に辛いであろう芹沢でしたが、真実から目を背けないという気迫は伝わってきました

教会に立ち寄った成瀬と、祈りを捧げていたしおりが再会。
「これが…僕の本当の姿です」
涙を流しながら引き止めるしおりを、心を鬼にして引き離す成瀬

「僕には愛なんて必要ない」
崩れ落ちるしおりに背を向けて去っていく成瀬…うわーん
今ならまだ…とはもう言えないし言わないけど、こんな悲しいことがあっていいのか~(滝涙

芹沢のところには、最後の赤い封筒が届き…同じカードが2枚。
ターゲットは自分ということを確信する芹沢なのでした…

いよいよ次週がラスト
予告では色々気になるシーンがピックアップされてましたが、
成瀬の「彼女と生きていきたい」という台詞に耳ダンボ(笑
成瀬と芹沢、そしてしおりの間にはどんな結末が待っているんでしょう…
悲しいのはいやだなぁ~って、それは無理かぁ

ゴンゾウ 第9話

備品係スペースにて、こじんまりと捜査会議を始めたチーム黒木の面々。

ホワイトボードに資料と相関図を描き、説明する黒木でしたが
よってたかって説明ヘタと言われる始末(笑
テキパキとルミ子が二手に分け、それぞれ聞き込み調査へ…

黒木と日比野は飯塚早苗、寺さんと鶴はバッグの持ち主。
途中、黒木たちを尾行する影にヒヤリとさせられるも…その正体は岸さんでした
上の指示で尾行させられていた岸さんは、黒木を純粋に心配していて…

「もう大丈夫」という黒木を信じてか、ある情報を話し出しました。
実は、岡林の持っていた猟銃は、暴発する仕掛けがされていたらしい?!

自殺の線と、誰かが仕組んだ線、どちらなのか…
仕組まれたことだとしたら、鶴が気になっていた“自分が助かった意味”にも
仮説が立てられると黒木が言い…ショックを受ける鶴
なるほど~、目撃者として利用…そう言われるとそうだなぁ(爆

会議を解散した黒木は、一人ドーナツを食べながら、またもロシアンルーレット…
1日1回やってるわけじゃないよね??(爆
その結果=自分の生死、とルールを決め込んでしまってる?!

捜査を止めに来た理沙に対して、その思いのままに語る黒木。
「死ぬか生きるかは俺が決めることじゃない…その時が来たらそれは起こる。」
一見達観したように見えるけど、彼の場合は更に自分を追い込んだ結果っぽいなぁ

寺さんと鶴は13係の刑事たちに、情報を漏らした者を探していることを訪ねられるが…
自分の取った行動に思い当たってしまった鶴

急遽そこから一度断っていたランチに向かうことにした鶴。
綾乃や乙部と時間を過ごした後、テーブルに来て指紋採取?するのは寺さん…

その頃黒木たちは、早苗が自宅のクローゼットに隠れているのを発見。
震え恐れる彼女に、弟の話をして説得する日比野。
署に同行させた早苗から話を聞くと、驚きの展開が噴出してきましたよー

少女時代にバイオリンで神童とまで呼ばれた早苗は、あのDVDに映っていた大会で
もなみに敗れたことから、バイオリンの道を外れてしまったんですね。
その後の人生もうまくいかずに鬱積していた頃、偶然にももなみに再会し
羨みと嫉妬が爆発、たまたま出会った男に軽い気持ちでもなみを殺して、と頼んでしまったと…

「愛を裏切ると、報いがある」という言葉に始まり、
「この世界に愛はあるの」で終わった早苗の証言…

杏子の事件から全て繋がっていたことに愕然とする黒木。
そして、彼女の残した言葉は恨み事ではなく、真犯人のヒントだと今になって気付き…

「これを解決できれば、もういいんだ」
何か不吉な覚悟?を感じさせる黒木の表情。
それを悟った理沙は止めようとするけど、振り切られてしまい…

黒木が向かった先は、休暇中の佐久間の自宅。
3年前の事件と今回の事件の繋がり、
真犯人のフェイクに踊らされた自分達のせいで、犠牲者が出てしまったことを佐久間に伝えます。

お母様と温泉の約束をして、休暇をサービスに費やしていた佐久間ですが
彼は力を貸してくれるんだろうか??
情報を漏らした者の調査もあっさり引き上げたし、佐久間に対しても
何か気になるところは残るけど、やっぱりシロで良いのかなぁ~

早苗の記憶で描かれた似顔絵は、本人そっくりのモノに出来上がり…
それは鶴に向かって例の台詞を吐いていた、乙部の顔だったのでした

ひぇー。ラス前にこう来ましたか…
これまでの話が繋がっていたのは凄いんだけど、今週分での収束ぶりにも驚きです
真犯人が乙部というのをここで出してしまったことにも
何か裏があるんじゃ…??なんて勘繰ってしまいますけど、どうなんでしょ

次週、激しい銃撃戦、犯人高飛び?黒木と佐久間が撃たれちゃう?!
殉職とかだったら泣くぞ~
とにかく黒木が救われる終わりであることを切に願います。。。

シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~ 第9話

今回は、シバトラ自ら志願しての少年刑務所潜入捜査!

落合と繋がっていると思われる
若林という受刑者から探りを入れるためでしたが…

いやぁ…あの小杉って看守の扱きというか暴力は酷かったですね~
シバトラの言うとおり、あんなんじゃ更正どころじゃないですよ。。。

仲間に入れるまでの同じ房の輩のイジメも…トイレでゴハンとか、
我が家もリアルタイムでゴハン中だったので厳しかったわ~(爆

懲罰房で小杉からの暴力に耐えるシバトラ
小杉を説得するも、なかなか通じず…

が、ある日シバトラが訪ねると、小杉は自分の息子がイジメにあって自殺したということを話し出し…
息子をいじめた少年たちと、所内の少年たちをダブらせていた小杉に対し
「息子さんに誇れる父でいてください」
ボロボロになりながら、残された力いっぱいに伝えるシバトラ。。。

シバトラが元の房に戻ると、小杉の態度に変化が
それに気付いた若林や同房のメンバー。

小杉を殺すのが条件だったけど、それでなんとか仲間に入れたシバトラ。
仲間入りの許可を下ろしたのは、実質のボスである伊能。
若林はフェイクで、ただのパシリだったのね~

唯一で確実の証拠である証人が自殺してしまい、落合を逃がしてしまったさくら。
それを聞き、不本意ながらも仕方無いという小次郎。
父の件でどうしてもあきらめきれない美月…

チームシバトラが苦しめられる姿を見て、決意する白豚
単身、落合の元に乗り込むも…やられてしまった?!
落合曰く、計画はすでに始まったらしい…

シバトラが潜入していた刑務所の所長が大麻所持で逮捕。
これも実は落合率いる伊能ら刑務所メンバーの仕業で、計画スタートの合図だった…

壁には脱獄のための穴?!(プリズン・ブレイクの曲が聴こえて来たわ~笑
協力せざるを得ない状況?のシバトラは、どうするのか…

謹慎中にこっそり、でもしっかりと動いている新庄も気になるし。
そのせいでさくらが更迭されちゃうんでしょうか??
そして容態が良く無さそうな白豚も…せっかく環と付き合えたのに、大丈夫なのかしら

落合の不気味っぷりが回を重ねるごとにパワーアップしてて嫌だわ~(爆
もう、早くシバトラの制裁をヤツにかまして欲しいです~

<< 08 | 2008/09 | 10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索