Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔王 第5話

成瀬の手を取り「痩せたんじゃない?」と心配する姉の真紀子。
小学生のときにスイカの種を飲んでしまった話をするも、成瀬の反応がおかしい…
友人との会話の記憶から、なんとか返答をカバー。
その過去の映像から、やはり成瀬は領の成り代わりだということがわかりました
(って文字にしたらこんがらがるなぁ

しおりの見た残像の山野の存在から、彼を犯人だと確信し、後をつける芹沢。
ロッカーから赤い封筒を出すところを押さえて…
でも、彼が犯人という証拠までは取れず、反対に人殺しとののしられてしまいました

その山野、成瀬と直接通じていたんですね。
ベンチで背を向け合い…好奇心からか、ことを知りたがる山野に対し
「知らないことで救われることもあるんです」と返す成瀬。
いやぁー迫力あるわー

ランニング中に胸を押さえる栄作に、悪ーい顔した池畑が接触…
事件のことでプレッシャーをかけます。
さらに、刑事を買収して情報収集する池畑、何を企んでいる??

しおりに呼び出され、カフェに出向く成瀬。
空ちゃんが保育園で、母のことでいじめられているらしく、頬に大きな内出血が
「本当の犯人を捕まえて…」
大粒の涙に心が痛む成瀬
しおりが、犯人はきっと止めて欲しい、救ってほしいのだろうと話すのを聞き、
言葉に詰まり複雑な表情を隠せない成瀬…

成瀬にとってもしおりが特別な存在になっているのがわかりますね。
「もう止められないんだ」
復讐心と罪悪感が同居して、苦しんでいるんだなぁ

病院で休んだしおりを家まで送る成瀬。
何を言いかけたのか…せつない表情にはやられますわ~(爆

成瀬に続き、しおりの元を訪ねた芹沢。
電話をしたときに繋がらなかったことをモジモジ話すのは可愛らしかったです(笑

倒れてしまったけど、神曲の残像は見えていたんですね…
そしてその映像とは、しおり自身!
さらに事件の第一発見者だったと明かすしおり…
現場にあったボールから残像が見えたことから、不思議な力に気付き
犯人があえて巻き込んだこともほぼ確信していたんですね。

結局自分の起こした過去の事件のことを言わなかった芹沢。。。
それにしても何度見ても酷い回想ですわ

事件が外に及ぼす影響を恐れ、強行手段を取って芹沢を制してきた父 栄作…
過去も、栄作の保身のためだけに無理矢理まとめられたのね…
そしてまた、刑事を辞めるようにと命令。
芹沢は信じて欲しかっただけと涙ながらに訴え…犯人からも倒産からも逃げないと誓いました
ここは成瀬側で見ている私でも、ジーンと来ましたよ~(苦笑

バーにて二人で飲む芹沢と成瀬。
芹沢はふと犯人に会って聞きたいことを話し出します。
「犯人もきっと元は良い人、自分のせいで悪党になったんじゃないか」と。

「最後まで絶対に諦めないでください。犯人に早くたどりついてください…」
激励?の言葉を返す成瀬が、ニヤリと笑う…かっこえぇー!!(笑

家に帰ると成瀬宛に赤い封筒が!
何のカード?だったんだろう…背後から近づく影は、やっぱり悪い顔した池畑

「友雄はお前だろ」「…いいえ、僕の名前は領です」
聞き込みで得た情報を再現し、成瀬を揺さぶる池畑…高笑いする姿が恐ろしや~
成瀬の真実にたどり着いてしまったことで、次のターゲットは池畑決定?ですね…

そういや、今回一番ドキドキものだったのが宗田のシーン!
彼女って、ちゃんとわかってるし…ああいうヤツほどするどいんだ、うん(笑
彼の爆弾っぷりも、ある意味楽しみです

スポンサーサイト
<< 07 | 2008/08 | 09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。