Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔王 第4話

陽介との別れ…
「お悔やみ申し上げます」と神妙な面持ちで言い、その場を去る成瀬。
離れたところから芹沢の後ろ姿を見つめ、ニヤリ…(ひぃー
その姿を更に遠くからレンズ越しに見ているのは誰??

成瀬に近づいて来たのは、記者の池畑という男。
彼は栄作にうらみを持っていたため、優秀な成瀬が彼の家の顧問弁護士になって
彼の力になることを避けたかった。
そして、そのことを直ちに悟った成瀬は、わざと芹沢に興味が向くように
刑事であるという情報を教え…うまいこと使う気なんですね~

山野が怪しいと踏んだ芹沢は、彼に接触し、
これ以上何かするのは止める様、話をするもかみ合わず…
「せいぜい苦しめ」なんつー恐ろしい一言まで吐かれてしまう
成瀬の弟は、結果的に山野をかばうことになったのね…
そりゃあ山野が自責の念に悩み、さらに芹沢を責めるのも無理は無いですね

すっかりどん底に叩き落とされた芹沢は、しおりのところで
過去のことを全て話し始めて…
「生きていていいのかわからない」

そんな芹沢にしおりが返した言葉は
「全力で生きてください」
シンプルだけど、それ以外に無い言葉でしたね
一度は辞表を提出したけど、仲間の理解もありやり直すことに決めた芹沢。

雨野から届いたのは、中学生の頃からの自分を隠し撮りした写真…
しおりの力で見えた残像は、赤い封筒と333のナンバー。
犯人は、力のことを見越して残像を見せているのでは、と不安を募らせるしおり。

芹沢は山野が犯人かどうか確かめるため、空ちゃんにも確認させるけど、応えは変わらず…
もしもの時でも「違う」と言うように約束させていた山野。
空ちゃんはピースしてたけど、それまで睨みを利かせていた成瀬、恐すぎでしたよ

成瀬の弟、英雄の母も亡くなって、さらに兄は行方不明。
調べを進めると、兄の友雄も死亡していた…
って、成瀬は戸籍をいじって、今は名前を新たにして生活しているってこと?
それともそもそも英雄の兄じゃないってこと??
最後に出てきた女性は、成瀬の姉らしいけど…領って呼んでたもんなぁ。
どういうことなんでしょう…
どっちにしても、ここまで来て芹沢が見当ついてない理由としては納得です。

333の書棚から見つかったのは、ダンテの神曲。
中には芹沢宛の封筒が!
いろいろ新たな謎が出てきて、ますます面白くなってきましたわ

スポンサーサイト
<< 06 | 2008/07 | 08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。