fc2ブログ

Entries

平岡公園

ちょっと遅め?のお花見に行ってきましたよ。
平岡公園の梅林の夜のライトアップを狙ってみたのですが。

めちゃめちゃ寒かったー!!

ここ何日か、冬に逆戻りな寒さで…
でも、明日にはライトアップが終了らしいので、滑り込みです

公園見渡し出店
左:梅林引き画
右:売店

公園入り口に、“本日の花の状況”のような看板があって
「終花」とか「散り」とか書いてあったので
遅かったか~とちょっと落ちムードで公園内に入っていったんですが
まだまだ全然花があって、綺麗に咲き誇っていましたよ~
夜桜…じゃない、夜梅(って言うのか?)のピンクと、闇のコントラストが素敵。
青空で見るのとは違って、なんていうか色っぽい雰囲気です(?

本当に寒さがハンパなかったので、途中出店で梅昆布茶を買って飲みました。
さみーさみーと言いながらベンチで縮こまりつつ、梅昆布茶をすすり…
あ、ソフトクリーム食べてるツワモノがいたなぁ。。。
あんなん食べたら相当冷えるぞ…大丈夫だったんだろうか

それから公園内を一週し、お茶で温まった体がまたすっかり冷え切ったので帰宅。


梅梅と月鶏団子鍋

左:お団子のような梅の花
中:枝の間から月が
右:季節はずれの鍋

夕飯は、温まりたいという夫のリクエストで、この時期ですが鍋しました
確かに、温まりたいときにはコレですな。

鍋にビールで晩酌も良いですが、
暖かい日の昼間に、花を見ながらのビールもやってみたいもんです
まぁ、それはまた来年の楽しみということで

ラスト・フレンズ 第5話

うーん。お話としては、そんなに進展はなかった感じでしょうか…
ただ、美知留はけっこう頑張ってたのかなぁ?

宗佑にきちんと
「一緒にはいられない」
「もう振り回されない」
などなど、面と向って言葉にできたのは進歩かなと思ってたんですが…

ずっと休んでいた美容室も、もう一度仕事させてもらえるようになったようだし。
そういう所はすごく根性あるのになぁ。

瑠可のお家でパーティーして、学生の頃のように語らう瑠可と美知留。
初めて瑠可に想い人がいると知った美知留は、色々話を聞こうとするけど…
知らないって、罪深いわ~…
瑠可の胸中を思うと、こっちがやりきれない気持ちになりますね

でも、レースで良い成績残して、世界大会で勝って、
そうしたらやりたいことがあるという瑠可。
もしかして気持ちを伝えようとしてるのかな??
なんにしろ、キラキラした顔で語っている瑠可、素敵でしょうがないですわ

そんな彼女の気持ちに気付いているタケルは、改めて彼女を支える決意。
二人のシーンには本当に癒されます…清清しすぎる~

って、タケルは今回もみんなの相談役だったなぁ。
過去話はまだ出てこなかったですね~。
エリにキスされて、我に返って突き飛ばしてしまい…
仲直り?はしたものの、エリはやっぱり勘違いしてるようで(苦笑
まごまごしていたから、もしかして自分から話すのかと思ったらおあずけでした…

美知留と宗佑のことも、
「決めるのは自分」
と一呼吸置ける時間を与えてくれるタケル。
ほんと、タケルとだったら(誰もが)幸せになれるんじゃないかな、って思いますね

みんなと一緒にがんばって、宗佑のためにも距離を置こうとしていた美知留でしたが…
最後の最後で宗佑の元へ走ってしまいます。
あんな電話かけてこれらちゃあ、行くしかないか

「私は弱虫だから」

瑠可の気持ちを知らないから、仕方ないのかもしれないけど…
瑠可の強さ、温かい家族をうらやむ美知留にはちょっと悲しくなっちゃいました。
生まれ持ってそうあるわけじゃない、瑠可の努力もあってあの環境があること、
美知留にはまだまだわからないんだろうなぁ。。。

美知留の態度に気持ちを抑えられない瑠可は、タケルに当たってしまいましたね。
ちょっとずつ崩れていくのは見ていてツライですが…

来週、果たして宗佑はどうなっていることやら。
いや、死なないとは思いますけどね…
美知留の暗~い表情が気になります。

あ、おぐりん…忘れてた(爆

おせん 第3話

最初の方、ながら見になってしまい…途中までついていけず

おせんは竜が父親でないことに気付いてたんですね。
竜の嘘話を真に受けたおせんは先代女将を責めるようなことを
言ってしまうけど…

「暖簾を守ることは、ままごとじゃないんだ」

ピシャリと返されてしまいます…

シズさんから事実を聞いたおせん。
最早お詫びのためではなく、
清二と竜の複雑な関係、先代女将とのしがらみ、一升庵を支えたことへの感謝、
全てが合わさった気持ちでのもてなしに変わっていました

赤みと中トロの味わいを深める切り方?のお造りに
白子の酒蒸し…鴨肉も、美味しそうだった~

最後の締めに出されたのは、とろろご飯。
竜が板場にいた当時、一度だけ清二に作ったまかない。
それが今の一升庵の看板メニューになっていたことを知って
驚きを隠せない竜…

見ればきっと竜を炊き付けられるであろう、そんな気持ちがこもっていた
のぼりの話も良かったなぁ~

小手先の技術では無く、食べさせたいという気持ちが大事なんだと。
なんだか勇気が出ますわ~(笑

屋台が繁盛、「スッキリ!!」で取材とか言ってたのがおかしかったです
よっちゃんは相変わらずですが…
あ。でも今回そんなにイラっとしなかったかも(爆

でもって、案の定とろろご飯が食べたくなりました。
魚を甘く煮付けた煮汁で伸ばす、かぁー。
そのうちにやってみようかな

来週は大泉さんが登場。
短い予告の中にも、やり手な感じが
某ハケンっぽい雰囲気に思えたのは気のせい??
期待してしまいます

ちょっと美瑛まで

4連休の1日目。

天気もまぁまぁ良く、暖かかったので美瑛までドライブに行ってきました。

ひどい渋滞には巻き込まれなかったですが、
やっぱり混んでるなぁと思う箇所はいくつかありました。
たぶん旭山動物園に行く人が多かったんだろうな~

豆乳バニラソフト
途中で寄った『道の駅つるぬま』の豆乳バニラソフト。
甘さ控えめ、あっさりしていて美味しかったです♪

んで、お昼ゴハンを食べようとチェックしていたお店『ランドカフェ』へ。
ここ、いつだったか朝の番組で紹介されていたんですよね。
濱田マリさんが、撮影中にここのお店を利用した際、ランチで出た
「とうや」という品種のじゃがいも料理に感動したことをお話してたんですよ~

ちょうどお昼時で、3組くらい待ちの状態だったんで
カフェの前でまったり休んでおりました。

ランドカフェ五葉のクローバーポテト/チキンクリーム
左:ランドカフェ
中央:待ち時間に見つけた五葉クローバー!
右:ランチメニュー「越冬ポテトのチキンクリームソースがけ」

ランチはもう一品あったのですが、残念ながら売り切れ。
でも、残ったこちらがその濱田さん感動の一品でしたので無問題~
じゃがいも自体の甘みがたっぷり、クリーミーなソースと相性バッチリでした♪

食後は白金温泉そばの美瑛川を見に行きました。
別名ブルーリバーと呼ばれているそうです。
ブルーリバー
確かにうっすらですが青いです!

それから最後にパッチワークの路と、展望公園へ。

天気が良いと予報で聞いていたのですが、明らかに曇りの一日でした…
まぁ着いた時点で期待はできない状況でしたけど…
せっかくの美瑛の広大な景色もちょっと残念な感じでしたね~
パッチワークの路展望公園
左:パッチワークの路にて
右:北西の丘展望公園にて

美瑛はもう三回?くらい訪れているんですが、
いつもパッチワークである時期を逃してるんですよね…
次こそ時期を見極めて臨もうと思います(爆

やっぱり夏真っ盛りが狙い目でしょうかね

そういえば…
帰りに『道の駅びえい』に寄ったんですが、妙なキャラを発見しましたよ…
あやしーキャラ
じゃがいもなのはわかるけど…
色々ツッコミたいけど、あえて何も言うまい…

ラスト・フレンズ 第4話

はぁー。

瑠可が監督と飲みに行くフラグの時点でもしやと思ってたけど、
手を出したのはやっぱり監督でした…

「襲われた」って台詞を予告とかCMで聞いてたから
もっと酷いことかと心配してたんですが、あの程度(?)で良かったよ~

いつもの店で、瑠可の様子がおかしいことに細やかに気付くタケル。
「肩抱くよ」
あえての確認。この一言がすご~く温かくて

タケルは怖くない、と緊張を緩めて涙する瑠可。
美知留を守るためにも強くなきゃいけない、と
こんなときでも自分を差し置いて彼女を想う瑠可には涙が…

そんな瑠可を見てタケルも心に決めた?
“君が美知留を守るなら、俺が君を守ろうと思った”
もー、しびれますわ…

翌日、練習場でいつも通りに挨拶をする瑠可。
監督とも変な空気にならなくて安心しましたよ~!
瑠可の居場所がなくなったら堪りませんものね。。。
「尊敬も友情も壊したくない」って、瑠可ならではの言葉に感じました。

元はと言えば、宗佑を撒くためだったわけですが。
宗佑は予想通り、美容室に来たり実家に張り込んだり?していました
お金であの母まで動かして…まぁどっちもどっちだけどさ…

瑠可が勘付いた?!おかげで一時は大丈夫かと思ったのですが
やっぱり家まで付けられていたと。
宗佑、さすがに強行突破はせず…
でもなんだかあの静けさが気味悪いなぁと思っていたら。

雨の中待ち続けちゃってるよー
美知留に知られまいと焦るみんな、わかり易すぎ(爆

宗佑の善からぬ電波のせいか(ぇ
眠れない美知留に、これまた細やかにハーブティなんぞ淹れてくれるタケル

タケルの仕事している姿を見ていた美知留の表情がすごく良くて、
たぶん惹かれ始めているんでしょうね。
家族のことを聞いたり話したり…自分と宗佑の境遇のことまで。

出会ったときから似ていると感じていた。
お互い一人ぼっちだったから、と話す美知留でしたが、
タケルは甘く流すことなくズバっと言ってくれましたね。

誰だって一人。端から見てるだけじゃわからない、ということ。

瑠可だってそうだよ、と言うタケルでしたが
美知留の心の中はまだ宗佑でいっぱいだったんですね…

朝になり、宗佑の姿も見えないからと、うっかりゴミ出しさせちゃった瑠可。
ゴミを捨て、戻ろうとした美知留の視界に入ったのは
地べたにずぶ濡れで力なく佇んでいる宗佑の姿…

ひゃー。違った意味で怖いんですけど(爆

「美知留を待つのは辛くないんだ」
出たよ…常套句ですか??
でもこうやってしか愛情を表現できない、この人なりの想いと強さには
変な言い方ですが一目置いてしまいますね

宗佑を一人にさせた罪悪感に耐え切れず、彼を抱きしめる美知留。
それを目撃してしまった瑠可…
傷ついたのは自分、とポツリとつぶやくようなモノローグ。
切ないですねぇ…

次回はまた盛りだくさんで色々起こりそうですね
エリ→タケルにキス?
宗佑が死のうとする??
美知留は戻ってしまうのかなぁ…

<< 04 | 2008/05 | 06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索