Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

放送が延期される前から、楽しみにしていたドラマ
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン』。


原作は読んでいたので内容はわかっていたのですが、やっぱり泣けました。

特になんだかんだ言ってたオトンが、
涙で挨拶できなかったとことか・・・やられました


大泉さんは、いつもの愉快な彼を感じさせない、見事な演技でした!!
ほんといい表情しますねぇ。
手紙読むところとか、最後のタワーでの笑顔とか、素敵でした。

そして、このドラマに限らずとも、オカン像にぴったりの田中裕子さん。
やっぱり母というものは、こうなんだなーと。
どこかでリンクする部分もあって、自分の母のことを思い出しながら観てました

広末さん演じる彼女も、他の出演者の方々も
ほぼ原作のイメージ通りだったので
個人的にはすごくしっくり見れました

神木隆之介くんの成長ぶりには驚きましたよ~
いつのまにあんなに背がのびて・・・
途中まで気付かなかったくらいです


物語的には、割と淡々と進んだかなぁと感じましたが
その分シンプルでそのまま伝わってきて、とても良かったです
映像も優しい雰囲気がにじみ出ていましたし。

・・・あぁ、お蔵入りにならなくて本当に良かった!

スポンサーサイト
<< 10 | 2006/11 | 12 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。