Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタルノヒカリ2 最終話

高野(藤木直人)から会社を辞め、転職すると言われた蛍(綾瀬はるか)は、
長いこと考えた末の決断だと知り、自分のふがいなさにショックを受ける。
蛍は山田(板谷由夏)から、これから先の二人の幸せをどう思い描いているのかと聞かれ、考え込む。
一方、瀬乃(向井理)は小夏(木村多江)の店のオープン前には退社してニューヨークに行くと会社に報告。
瀬乃は一緒に来てほしいと蛍に告げる。

(gooテレビ番組より)



やっぱし瀬乃っちからのNYへのお誘いきたー!!
けど、実はぶちょおと蛍の二人に来てほしいと言っていたとはねぇ…

青かろうと、自分の気持ちをしまった上で蛍の背中を押す瀬乃は…
最後までめっちゃ良い人でしたね~(涙
蛍のことをギュってするシーンが切なすぎたぁぁぁ

瀬乃の言動に揺れたこともあった蛍だったけど、その気持ちがあったからこそ
ぶちょおへの思いとの違いに気づけたわけで。
まぁなんにしても、蛍がうらやましすぎたってことなんですが(そこかい


誠一さんのパートナーとしてパーチーに参加した蛍は、そつなくその場をこなしてましたね~。
やれば出来る子、さすが干物!!
家に帰ったら屍だったけどね…(爆
ていうか、絶対あのシーンは夢オチだとばかり思ってたわたし…し、失礼しました(苦笑

ぶちょおに自分の好きなように決めなさいと言われ、流れに身を任せることも考えた蛍だったけど…
結局出した答えは、台湾には付いていかず、ぶちょおのことを待つ選択。
干物女でいることが自分の幸せだけど、一人ぶちょおを待つことで、自分を成長させたいと。
自分もぶちょおの縁側になりたい、と涙ながらに語る蛍…

ぶちょお出発の日、107万円を指にはめてもらい、チュウする二人。

蛍は言葉通り、ぶちょお不在の間もきっちり家のことなどやってましたね~
自炊して、トマちゃんの世話もして…手紙も一度は書いたみたいだし!!


そして、唐突に翌年の初夏?!
ウエディングドレスを試着する蛍に、目が腐りそうなぶちょおの姿(爆

用意した婚姻届に猫にう○こをされたりと、相変わらずな二人でしたが
なんと、最後の最後に野獣が!
かわいいパンツじゃないと嘆く心の声で終わるって…なんて蛍らしいんでしょ(笑
正直二ツ木さんが押し倒した絡みの方がドキドキしたけどね!!
あれはかなりのサービスシーンでしたよ(ぇ



そうそう、小夏の店での結婚お披露目パーチー、ステキだったなぁ。
山田姐さんがすんごくキレイで、二ツ木さんのネックレスも彼らしいプレゼントで
そいや結局ブーケは誰が手にしたんでしょうね??
やっぱ蛍だったのかなぁ??

欲を言えば、もちろん蛍とぶちょおの結婚式とか見たかったけど…
縁側に始まり?縁側で終わるってのも良かったのかなぁ?なんて。

結婚式とかその後の生活とか、瀬乃っちのその後とか、桜木が遊びに行くんだろうし
いくらでも続編ネタがあるやーん!!
SPとかでもいいから、いずれやってもらいたいもんですわ~


***


いやはや、夏ドラマで真面目に(じゃないな…)感想書けていたのはこれくらいでしたよ。。。
見ているのはいくつかあるけど、ほとんどながら見だし。。。
次クールはどうなっちゃうことやら~(汗
このドラマ並に見たい欲が刺激されるものがあれば良いけどなぁ~


スポンサーサイト

ホタルノヒカリ2 第10話

高野(藤木直人)の父で世界を旅する吟遊詩人の盆太郎(石坂浩二)が高野家にやって来た。
盆太郎は、かつて酔った蛍(綾瀬はるか)が契約書を交わし、高野家に住むきっかけとなった人物。
高野が蛍と結婚するに当たり、両家の顔合わせに出席してほしいと連絡したため、来たという。
だが高野は母の他界時もふらふらと旅に出ていた盆太郎を父親だと思ったことはないと語り、
蛍は複雑な心境になる。そんな中、高野に子会社への異動話が持ち上がる。
全く違う職種だと知った二ツ木(安田顕)と山田(板谷由夏)は戸惑いを隠せない。
一方、美香(臼田あさ美)の瀬乃(向井理)への思いを知った蛍は、瀬乃を避けるようになる。

(gooテレビ番組より)



遅れましたが、ざっくり感想。

盆太郎さん、気ままな自由人キャラ、イイ!!
一見ぶちょおの父上とは思えない?…けど、温かくて可愛らしくて素敵な人だったな~
なんか、ぶちょおの父というより蛍の父って感じだったわぁ(笑

結婚相手だと名乗り出るタイミングを逃してしまった蛍だったけど、
その後の一緒に過ごす時間とか、体調崩した盆太郎さんの看病とか、その合間の仕事ぶりとか
蛍らしい良いところを見てもらえて、最後には認めてもらえてホント良かったわー


んで。
ぶちょおの異動話は唐突なものかと思ったら、半年前から考えてたことだったのね…
蛍についてきて欲しい、というのがぶちょおの出した答え…

こないだのお話では、仕事を続けることが自分のやりたい方向だと見出した蛍だったけど
今回の話にはどういう決断を下すんだろか~

そうそう、恋愛相関図を目にしてしまったために、ちょっと修羅場になった蛍、瀬乃、桜木。
たまたま目撃しちゃうあのヒトのせいで…(苦笑)
もー、胸の中に閉まっとけよー!!ふぅぅ

蛍の気遣い?が瀬乃を怒らせ、でも小夏の店の壁塗りをきっかけに仲直り…しかけた所でまた険悪ムード…
なんか、ぶちょおと蛍が気まずい状態のときよりも、見ているのがつらい気がするのは気のせい?(笑

瀬乃の最後の仕事だってことだし、良い雰囲気で終わってほしいもんだけどねぇ~

今回、慌てる山田姐さんを諭す二ツ木さんの落ち着きっぷりが何か良かったなぁ。
なんかもう、二ツ木さんがハマりすぎてて、「安田さん」っていう本名ド忘れしちゃったもん(爆

次回は早いもので最終回か~!!
出来れば夫婦になった蛍とぶちょおの姿を見たいものだけど…
ハッピーエンドになるといいなぁ

ホタルノヒカリ2 第9話

高野(藤木直人)が家を出て落ち込む蛍(綾瀬はるか)は彼を思い、小夏(木村多江)に手紙を書く。
そんなある日、美香(臼田あさ美)が小夏の店の試食会を開くと言いだす。
山田(板谷由夏)から、後輩の仕事を見守るのも仕事だとアドバイスされた蛍は、黙って見守ることにする。
だが手いっぱいの美香を気分転換させてやろうと、彼女と会社の仲間を川釣りに誘う。
メンバーの中には瀬乃(向井理)もいた。釣りの最中、瀬乃と二人きりになった蛍は彼から、
高野のいないすきにキスをしたらどうするかと言われ、急接近される。

(gooテレビ番組より)




107万の指輪なくすとは…いくら蛍でも……やりそうか(苦笑
絶対、縁側付近に落としちゃって、ぶちょおが帰ってから一緒に見つけるとか、
もしかしたら釣り針に引っかかってミラクルで見つけるとか(やりすぎ?!)だと予想していたけど
案外普通に元の箱にあったのね~

今回の蛍のぶちょおの孤独死阻止への突っ走りぶりにはちょっと笑っちゃったけど
ぶちょおからしたら、普段気持ちが掴みづらい蛍の、
自分への思いの詰まった手紙は嬉しかったんだろうなー

小夏からしたら付き合ってられっかよ!!って感じかしら…(汗
帰り道のあの振り返りの意味は…どっちなんだろ??


川釣りに出かけた蛍と瀬乃と後輩たち。
めちゃめちゃ楽しそうだったー!!

堂々とぶちょおに話を通し、蛍に接近しようとする瀬乃に、
やられるもんかと迎え撃つ?!蛍。
この二人もおかしいけどお似合いっちゃお似合いなんですよねぇ。
しかも、蛍が素直に反応する様が可愛すぎる。ズルい!!(笑

これはこれでちょっといい雰囲気ではあったけど…
瀬乃はこっからどうするんだろ~??
ニューヨークに行く話も出ていたし、果敢に攻め込んで、いざとなったら付いて来い…なんてないか

戻ってきたぶちょおとホタルはとうとうチュウしましたね♪
なんか、今更ながらグッと距離が縮まったような

「忘れるな、お前は俺の女だ」
ぐはーっ!!!
ぶちょおかっけぇぇぇ
瀬乃の攻めが一気に霞んでしまったかも~(爆

二人でビールの縁側も戻ってきたし、結婚に向けて足並みも揃いそうな感じじゃないですか~
もう問題なさそうな気がするんだけどなぁ。


そうそう、アホ宮に続き、アホタル!良い呼び名だ~(笑
誠一さんセンス抜群ね

山田姐さんも彼女らしい道を見直せて良かった良かったですわ~

ホタルノヒカリ2 第8話

蛍(綾瀬はるか)は高野(藤木直人)と仲直りしたが、結婚は面倒くさいと言って
酔っぱらっている姿を彼に見られてしまう。そんな蛍に高野は、結婚することを両親に報告しろと迫る。
翌日、蛍は山田(板谷由夏)と小夏(木村多江)から、社会的立場のある高野のためにも、
挙式や披露宴はした方がいいとアドバイスされる。
一方、高野は蛍の姉のアゲハ(堀内敬子)と会い、挙式と披露宴をきちんとしなければならないと考える。
そんな折、蛍は瀬乃(向井理)から、小夏のカフェのプランが予算の都合上、変更になったと聞く。
だが蛍は何としても予算内でやってくれる工務店を探すと言い張る。
そのころ高野は一人、ブライダルショップで蛍を待っていた。

(gooテレビ番組より)



簡単感想~


ホタル姉のアゲハさん、可愛らしい人だなー!!
雰囲気バッチリ、ホントに姉妹みたい

結婚に向けての準備をがんばろうとする二人なのに、ホタルの方にトラブル?多発で…
小言も言わず、ただ待ち続けるぶちょおがいたたまれなくて見ていられなかったわ。。。
ホント、結婚絡みのイベント事はめんどくさい大変ですからね…(反芻

ホタルには悪気は無いんだけど、何度も同じようなことが重なると、
だからこそ無頓着にも見えてきちゃうというか。
それも全てわかっているぶちょおですら、考えがまとまらなくて家出とは~
…マリッジ・ブルーってことで済ませられないですかね(爆

朝まで飲んじゃって、という小夏のフォローもなぁ。
ぶちょおが小夏の気遣いに気づく、ということまで、もしも計算してたんだとしたら…キャー(恐

婚約指輪に添えられた一筆。

“ホタルへ 誠一より”

たったこれだけなのに、ホロリとさせられましたね。
きっと二人は大丈夫、なんだと思うんだけど…
別居の間、距離が開かないでいられるか…
瀬乃もここに来て攻めの姿勢?になるっぽいし、なんだか心配だわさ~

ホタルノヒカリ2 第6話 

蛍(綾瀬はるか)は高野(藤木直人)から結婚をやめようと言われたが同居は変わらず、気にせずにいた。
だが結婚をやめるというのは、ほかの男性のものになっても構わないことなのだと
山田(板谷由夏)に指摘される。
高野をはらはらさせ、もう一回プロポーズさせろと高度な恋愛技術を山田から吹き込まれ、
蛍は高野をほっておくことを決意する。
一方、契約更新の時が迫っている瀬乃(向井理)は、そんな蛍の変化を感じ取っていた。

(gooテレビ番組より)



久しぶりすぎてわからないキターーー!!(笑
蛍の夜這い面白すぎなんですけど!!

結婚話を取りやめ、再び結婚とは何か??と、振り出しに戻ってしまったように思えたけど
今回は小夏や瀬乃、山田姐さんは自身もその問題の渦中というのに
みんな蛍とぶちょおの仲を世話焼いてくれて…

まぁ、小夏と瀬乃の場合は、本音は“諦めつけたいから二人が揺らぐと困る”ということだったぽいけど…

それにしても、瀬乃と蛍ったら、飲んでても話してても楽しそう
干物同士(って決めつけ。笑)はやっぱり波長が合うということか…
同世代っていうのも大きいのかもなぁ。
二ツ木さんが二人の差を肌年齢で図ってたのがおかしかったわ(笑

瀬乃は蛍のことが気になっちゃって、相談を受けていたはずが
ついつい告白しちゃいましたね…(ニヤリ
なんだかとってもまっすぐで素敵な告白だったから、やっぱりこれはこれで応援したくなるわ~

「あー何言ってんだ俺ー!忘れろ!」
取り乱し方も可愛らしかった。イイ!!(笑

突然の瀬乃の言葉に、さすがの蛍もやられ気味…
でしたが、帰宅後にきちんとぶちょおにプロポーズ!できましたね
もしかしてここで言いよどむのかなぁ、なんて心配してたけど…
もう一度結婚に向けて始動出来そうな雰囲気に、ホッとした~

とはいえ、やっぱりチュウはおあずけなのね…(苦笑
これって、単に蛍を大事に思うからなのかなぁ。
それともジョギング中にたまたま、が悩みの井崎の目撃証言が引っかかってるのかしら。。。むぅ。

しっかりとぶちょおに買った甚平と、オカマちゃんの荷物とを取り違えた蛍。
ぶちょお…ちゃんと着てくるし!!なんて義理堅いの(違?
ていうかかなり気持ち悪かったからー!!
いやー笑ったぁ。今回も。

次週、瀬乃の告白のことで蛍がさらに動揺??
静かに沸点に近づいてそうなぶちょおが怖いわぁ~
なんとなく重苦しい感じだったし、どうなることやら。。。

<< 07 | 2016/08 | 09 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お知らせ

コメント・TBは承認制です。 記事の内容に関係のないものや、こちらで不適切と判断したものに関しては、削除させていただくこともありますのでご了承ください。            一部のブログサービスにTBが飛びにくいことがあり、お返しできないことがあります。申し訳ありませんが、ご理解いただけると幸いです^^;


Extra

プロフィール

ちー

Author:ちー
 性別:女性
 好きなこと:料理
        物づくり       
        カフェ・雑貨屋巡り
        TV・映画観賞
        旅行などなど…

 とことんマイペースですが、
 どうぞよろしくお願いいたします。


最近の記事


ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。